カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

出荷は続く

■ 11月29日  本日11月最終出荷日 少量づつながらフルメンバー出荷

■ なんともすごい11月の相場だった。 エルフでケース底値800円から高値7200円まで。
  僅か半月の間の出来事。 私は1本単価で考えることは普段しないのだが今回は
  計算してしまった。 2L1本底値40円 高値345円まで。 もちろん瞬間の出来事か
  何かの間違いか? それとも気が狂ったか?
 
  消費サイドに大きな変化が起きているとも思えず、おそらく生産側の原因であろうと思う。
  夏場に高騰し、9月下旬から長期の低迷、そして最近の馬鹿値段。
  夏産地にしても、冬産地にしても何を考えて作付けしているのか? 理解に苦しむ。
  それぞれが自分達が生産出荷すべき時期と量に対する考えをしっかりと持って仕事を
  していてくれればこんな1年にはならなかったはずだ。
  ましてカスミソウを真剣に扱って下さるお店の方々に掛けたご迷惑は計り知れないこと
  だろうと思う。生産者の一人として本当に申し訳なく思います。

■ 昨年10月に大量の出荷があった。 そして11月に品薄を起こした。 まさか2年続きで
  そんなバカな作付けはしないだろうとは思ったが念のため2棟だけ11月用に作付けして
  おいた。 おそらく無駄になるだろうと思いながらの仕事だった。 11月中旬まで順調な
  出荷が続いていたようなので、心配は無用だったかと思ったとたんに激減との情報。
  『何してんだよー』と思った。 高冷地出荷が続く10月にあれほど出荷しながら
  11月下旬の激減とは何を考えた作付けなのか。 それとも他産地潰しか?
  自分達さえ良ければお客様のことなどどうでもよいと考えたのか? 理解に苦しむ。
  
  結果何が残るのか。 カスミソウ生産者ならば真剣になって自分達がしなければ
  ならない仕事を考え直してみることが必要だと思う。

  第一に、最低限お客様に迷惑をかけないこと。
  
  産地同士の競争も結構。 戦略的な潰し合いも仕方の無いことだとしても、最低限
  守らなければならないのは 『真剣に扱ってくださるお店、お客様』 だと思う。
  今現在、高値で買い、使ってくださるお店の皆様には本当に申し訳なく思う。
  最盛期からすれば品質は確実に落ちている。 それを使わなければならないことを
  思うと、生産者の一人として言いようの無い思いがこみ上げてくる。

  今年春からの 『馬鹿相場を作ったのは誰だ』 と言いたくなる。
  
  少しでも役に立てばと思いながら今日も少量だが出荷させてもらいます。そして
  できる限り出荷は続けます。 『もういいよ』 と言われるまで頑張ります。 
  
[PR]
by taka1562t | 2009-11-29 05:38 | かすみ草