人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

台風直撃か?

■ 8月29日 台風の予報進路を見るとかなり危険なコース予想。有難くないお客様。

■ 明日からの予想進路次第(及び強さ)ではハウスの管理が異なる。

  最悪のパターン  (大きな勢力で風が強いと予想され新潟沖通過のコース)
  採花中のハウス(又は開花間近のハウス)の補強を出来るだけ完全にし、生育中
 (特に生育初期)のハウスは屋根を外して台風が行き過ぎたらまた屋根を被覆する。

  どうするか迷うパターン (大きさ強さはそれほどでもないが新潟沖通過のコース) 
  全てのハウスのバンドを締めなおし補強をして待機。

  のんびりパターン (多少強い台風でもいわき沖を通過するコース)
  特に何もせず、通常通りの状態で様子を見ながら待機。風が強くなってきたら
  バンドの緩んでいるところだけ締めなおす程度。

  こんな形で台風と付き合ってきた。したがって通常の私のハウスの補強バンドは
  必要最低限の本数しか締めていない。屋根を外す場合の時間短縮の為。
  補強が必要な場合用にバンドは何時もラセン杭、又は番線に止めハウスの片側に
  丸めて置いてある。
  そんな状態なので台風が来るとそのコース予報は大切になりラジオをつけたままの
  作業が続く。

  それにしても台風はやっぱり有難くないお客様に変わりは無い。ハウス屋の宿命。
  今回の台風もどの地方も自分達にとっても被害が出ない事を祈っている。
 
by taka1562t | 2013-08-29 05:15 | かすみ草