カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

保温体制に入ります

■ 9月8日 最低気温が20度を切るようになって来ました。屋根だけの被覆ハウスは
       気温の低下に伴い、うどん粉病の発生が見られます。
       妻面を解放しているハウスもそろそろ危なくなってくる頃になりました。
       今日午後から妻面、スソを囲い、また古いフィルムで被覆していたハウスは
       新しい屋根フィルムに交換します。
       少しずつ弱くなってくる日差しを出来るたけ取り込み、夜の保温を図るために
       この時期必要になってくる仕事です。また台風の時期にもなってくるので
       押さえのバンドの補強、交換も必要になってきます。

■ 8月中に採花予定のハウスはほぼ切り終わり、僅かに立ち遅れの茎と枝の採花を残すだけ
  になって来ました。9月上旬予定のハウスは採花が始まっていますが、生育のバラツキに
  伴い、開花もなかなかまとってくれません。ダラダラとした採花が続いています。
  9月中旬採花開始予定のフォレストも蕾が大きくなってきましたが、まだ開花には至って
  いません。少し遅れ気味な状態です。出荷は来週半ばからかな? と思っています。

  大輪系の系統で注文の多い『染カスミソウ』の対応に厳しい今週になりそうです。
  フォレストが咲いてくれれば問題は無いのですが・・・・・・・ 我慢の今週に
  なりそうです。

■ 10月から採花予定の6棟は茎が立ち上がってきています。但し2番花の生育が
  遅れているような感じがします。2番花の分は出荷予定数には含んでいませんので
  出荷できた分が上積みになります。

  2番花は10月の天気次第で大きく出荷量が変わってしまうため、計画には含めない
  ようにしています。昨年は半分以上のハウスで出荷できましたが、一昨年は一部の
  ハウスしか出荷できませんでした。お天道様任せの仕事になります。

■ 日差しが弱くなるにつれて盆地特有の『朝霧』の発生する時期が近くなっています。
  間もなく始まる稲刈りの頃には10時頃まで霧が晴れない日も珍しくなくなります。
  そうなると開花はなかなか進まなくなります。11月になると降雪の心配と共に
  気のもめる日々が続きます。
 
by taka1562t | 2014-09-08 04:50 | かすみ草