カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

霧の少ない朝

■ 10月19日 寒い朝です。車の窓は水霜(ミズシモ)のような冷たい露がついています。
         いよいよ『冬近し』の様子になってきました。
         
         そんな朝ですが、以外にも会津のこの時期特有の霧があまりありません。
         昨年までだといくら晴れた朝でも日の出を見ることは出来ませんでしたが
         今朝はセアブリ山からの日の出が綺麗に見えます。やや霞がかかって
         いますが、まるで夏の日の出のような明るさです。
         気持ちの良い朝日を拝むことができます。

■ 昨年まで会津盆地で行われていた田んぼの刈り取り後の藁焼きが行政の指導であまり
  行われなくなった事が影響しているのかも知れません。
  今年は春先からあらゆる機会に藁焼き自粛の呼びかけがされてきました。
  そのせいか藁焼きをしている田んぼはほとんど見当たりません。
  そのお陰でこんな朝を迎えられたとしたら、嬉しいことです。

  晴れた朝でも10時くらいまで太陽を拝めなかった昨年までと比べると夢のようです。
  『カスミソウはヒカリ草』と言って来た私にとって日光のもらえない朝は辛いものでした。

  どうかこのままの朝が続く事を祈りながら出荷、採花に行きます。












  
by taka1562t | 2014-10-19 06:24 | かすみ草