人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今期最終出荷

■ 12月27日 雨の朝です。(雪は降っていません)
         今期の最終出荷になります。今回の出荷はエルフ6ケース。
         品種はベールスターのみ。内2ケースは受注対応品。

■ 予想をはるかに越える気候。ハウスの移動等々、様々な事があった今年の仕事でしたが
  何とか最終出荷を迎えることが出来ました。出荷数量的には昨年に比べ減少に
  なりましたが販売額はほぼ昨年並みになったようです。
  (単価に助けられた結果です)但し11月以降の単価は厳しいものがありました。

  出荷量の減少も9月の大雨によりハウス内が浸水し採花中のカスミソウを廃棄処分
  したことが大きな要因になりました。これもハウスの建て込みを優先し排水対策が
  後回しになったことに起因しています。手順を守れなかった反省点になります。

■ 出荷の結果は以下のようになりました。
  出荷量 前年対比 96%
  販売額 前年対比 100% (カスミソウのみ)
  
  カスミソウ以外の枝物等については昨年ほどの出荷が無かったので全体の
  販売額では微減になりました。
  様々な事を総合すると『良く出来た年』だったように思っています。

■ 以上のような結果で今シーズンを締め括られるのも、市場はじめ関係者各位の
  ご指導のお陰と感謝しています。今年の反省点を洗い出し来シーズンの仕事に
  生かして行ける様にしなければならないと思っています。

  来シーズンの作付け計画を検討しています。
  その要点として
  
  ① 気候の影響を受けにくかった系統への移行を進める。
  
  ② ①に関連して新品種の試作を含め、次世代の主力になりそうな系統、及び
    作付け時期、管理方法の検討。(種苗メーカーさんの協力が必要になる)
  
  ③ 日持ち性向上のための取り組みの見直しを進める。(現状の仕事内容で
    問題点は無いかの再点検)
  
  ④ 出荷量の平準化をさらに進めるため品種の構成、定植時期の再検討。
  
  ⑤ その他
    今シーズンから全面実施してきた減臭加工の継続。(SC使用の継続)
    事故、クレームの事前防止の為の取り組み。

  以上、やらなければならないことは多くあります。
  長い間作ってきたカスミソウだからこそマンネリになりがちな傾向を打破して
  行く事が次の時代の自分達の幸せに繫がるものと思っています。









 
by taka1562t | 2015-12-27 04:55 | かすみ草