人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

内張り用のパイプ設置

■ 1月16日 気温上昇との予報が出ているので雪が降らなければ雪下越冬ハウスの
        内張り用パイプを設置しようと想っています。

■ 今期の季咲きを採花する予定の中で6月上旬に咲かせたいハウスが内張りの
  パイプが無いものがあり昨年までは極簡易な手法でトンネル保温をしていた
  のだがその方法では生育途中でフィルムやパイプを撤去しなければならず
  撤去作業の際にカスミソウを痛めたり、作業がし難かったりで問題が多く
  フィルムを撤去さえすれば良いようにパイプは常設にしたいと思いながら
  出来ていなかったのでこの冬中に出来れば3棟は設置したいと想っていた。
  但し、新たに資材を購入するつもりは無く、ありあわせの材料で作るため
  余分な手間と工夫が必要になる。どれを使ってどの様に組み立てるかを
  考えるのもまた楽しみのひとつでもある。
  雪が降らなければ時間は有り余るほどあるので楽しみながらやって行こうと
  思っています。

■ 暮に定植しておいたマトリカリアの株が大きくなりません。何時もなら
  今頃はマルチのカット穴(8cm)いっぱいになる位なのですが、今だに
  おとなしくしています。ピンチまでは50日くらいあるので何とかなるか?
  そんな感じで見ていますが、それまでに想うような株までに生長して
  くれるかどうか ? です。
  
  マトリカリアはカスミソウの出荷始めで荷数がまとまらない時のために
  作付けておいたもの。したがってカスミソウの開花と合わせなければ
  意味が無い。(荷数がないと出荷したい市場に送れない事がある)
  昨年までの3年間はカスミソウの開花に合わせることが出来ていたのだが
  今年はどうか? 楽しみ。










、 
by taka1562t | 2018-01-16 05:41 | かすみ草