人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

寒の雨 雪沈む

■ 1月18日 寒中の雨で積もっていた雪がほぼ半分位に沈みました。
        今日、夕方で20cm位? 土が出ている所は氷が融け
        ぬかるんでタイヤの跡が深い溝の状態。これで凍られると
        雪が降ったとき除雪機に大きな負担を掛けてしまうので
        スコップで地均しをした。季節はずれの雨は余計な仕事を
        増やしてくれる。

■ 季節はずれの雨は良いこともある。先日から始めていた内張り用のパイプを
  差し込む穴が地面が凍りついていて空けられなかったが今日は氷が融け
  楽に空ける事が出来た。お陰で1棟はアーチを立て棟のパイプを取り付ける
  事が出来た。(肩部 褄部は雪が収まってからにする)

  来週後半は雪の予報。もっともこのまま雪が消えてしまったら何時かの冬の
  二の舞いになることも考えられ、余り多くない雪なら歓迎したい気分。
  大雪は遠慮したいが。

  平成14年の年だったか? 2月上旬に雪が無くなり季咲き用の株に
  凍み枯れ(地際部が凍り春に発芽しないか発芽しても5~6cm位のときに
  枯れてしまう)を起こし6月の出荷に支障をきたした事があった。

  雪は多いのも困るが季節はずれになくなるのも困る。
  勝手な話かと想う。
 










by taka1562t | 2018-01-18 21:55 | かすみ草