カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

雪沈む

■ 1月29日 朝から青空が見えた一日。夕方には積雪が少し沈んだように
        思えた。
        気温が高くなったわけでもないのだが陽が沈むまで明るい
        夕方の日脚が伸びてきたことの表れか?
        少しずつでも春が近付いている事を感じさせてくれる。
        
■ 日没時のハウス内 9℃。寒かった先日では考えられなかった気温。
  日差しのあった日と無い日で極端に違う。
  こんな日が早く終わり日没時15℃以上。出来れば18℃が欲しい。
  薪ストーブを焚いてでもこの温度が確保できれば電照を開始したい
  のだがしばらくは無理だろうと想っている。
  (昨年まで18℃を確保できたのは3月に入ってからだった)
  理想通りに行かなくても2月20日には電照を開始する予定。
  (昨年は19日から)

■ ホワイトロード、アルタイル共に一条ベットのぶんが遅れている。
  昨年まではピンチの時期、その後の管理も二条ベットと同じように
  管理してきたが今年は別な管理にしてみようと想っている。
  開花時期がほぼ1週間くらい遅れる一条ベットの分をノーピンチ
  一本仕立てにし、更には発蕾直後中段の不要枝を早めに欠き取り、
  基部から発生したワキ芽を残す事で採花本数を確保する。
  昨年の秋に8月定植したベールスターで試みた技法。
  2L率は低下するが品質の良いLサイズが多く採れることで
  株当りの販売額は確保できそうな気がしている。
  (初冬開花では上手く行ったように想うのだが春咲きではどうか?)
  どんな結果になるかやってみる価値はありそうな気がしている。

  ホワイトロードは基部からのわき芽で成長の早いものもありこれは
  分家仕立ても出来そう。

  何かに考えながら株を見ていると様々やってみたいことが浮かんでくる。
  カスミソウとの付き合いは飽きる事がない。
  こんな事で今年も過ぎて行くのだろうと想う。









[PR]
by taka1562t | 2018-01-29 21:54 | かすみ草