人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

■ 7月31日

■ 昨日夕方、6月4日植えのアルタイル、ファンタイムのハウスを見回りましたら、どちらも
  数本づつでしたが開花していました。8月3日から出荷予定のハウスでしたのでほぼ
  予定通りの開花になりそうです。 但し途中の水やりをしないで天水任せにした場合の
  試験栽培だったので草丈はありません。 2L率は約5割くらいの仕上がりになりそうです。
  日照時間が最も長い時期で、おまけに今年は雨も極端に少ない環境の中で良くここまで
  伸びたものだなと感心します。

■ 試作ハウスの状況
  6月20日定植の試作分の状況は以下の通りです
  アルタイルロング  草丈30cmくらい 伸びそうな姿です
  スノーベール    草丈30㎝くらい 伸びそうな姿です
  ホワイトベール   草丈50~60cmくらいで蕾が人のコブシ状態 8月15頃開花?
  ステラマリス    草丈10cmくらい 芽数7~8本くらい どのくらい伸びそうか不明
   (6/25植え)
  定植時は路地状態にしておきましたが7/27屋根がけをしました。
  現在の状況から見られることはW,Bは高温長日下の条件では生育が進みすぎる
  傾向があり草丈を取るには少し苦しいか?。 他の3系統がこの条件下では有利かと
  思われます。 但し開花してみないと仕上がりはわかりませんので今後の経過が
  楽しみです。
by taka1562t | 2008-07-31 03:52 | かすみ草
■ 7月28日

■ カスミソウの定植が本日でやっと終わります。 25日終了の予定でしたので3日遅れの
  終了になります。 特に晩生系の品種の定植が遅れましたのでこの分の出荷は10月に
  なりそうです。 今後の管理次第もありますが、降雪前までに完全に採花したいと思って
  います。 この後ニューホープの2番花狙いの切り戻し、ポラリスの2番芽の管理と
  テストを含んだ作業が続きます。 この暑い中、はたしてどこまで丁寧な管理が出来るか
  少し不安になることもありますが頑張って行こうと思います。

■ 梅雨の間は降らなかった雨がこのところ毎日のように降っています。 しかも強い雨です。
  降った次の日は嫌になるほどの『ムレ』状態です。 これでは私の身体は持ちません。
  早朝のみの作業、昼間は休み、夕方からまた作業の毎日です。 私は暑い時間帯は
  勝手に休ませてもらいますが、一部露地状態のカスミが心配です。 この時期定番の
  斑点細菌病の発生が予想されます。 頑張って早く屋根がけをしてやりたいと思って
  います。
by taka1562t | 2008-07-28 04:42 | かすみ草
■ 7月26日

■ カスミソウの夏定植分の作業がようやく終盤になって来ました。 残すところプラグトレイで
  10枚定植すれば予定の数量は終わりになります。 その後キンセンカの播種、プロバンス
  の定植と作付けの作業はありますが、カスミソウの定植が終了すれば一息つけます。

■ 前半戦を振り返って見て、消費の好みが完全に変化したことが販売価格にはっきりと
  現れてきたように思います。スタートで使用したホワイトロード、アルタイル等は価格も
  取れるのだがユキンコ系がまるで価格が取れない。 出荷経費がやっとという価格帯で
  推移したように思います。 現在定植した品種からはユキンコ系の比率を極端に下げて
  あるのだが、まだ完全になくしたわけではない。 もちろんユキンコ系でも大輪種のみに
  限定はしてあるが今後の秋出荷が少し心配です。

■ 青果物価格補償
  この制度はここ何年か前に設置され価格が下落したときに発動され私達の経営に寄与
  してきたことは言うまでも無いのだが、最近の生産出荷の傾向を見ているとこの制度に
  寄りかかりすぎているように思えることがあります。 
  この制度を設置するという話があった時、私は反対の意見を申し上げたのだが世の流れで
  設置され、私自身も何回か助けられたことがあります。
  制度の内容はあらましの説明しかなく、その詳細はわかりません。 しかし当てにしていない
  時期に何がしかの金額が入金されていると嬉しいのも事実です。

■ この制度の根本から考えてみよう。
  制度がある限り需給バランスが崩れようが、他の要因で価格が下落しようが出荷さえして
  いれば何がしかの所得にはつながる。 従って安くても、無理してでも出荷は続ける。
  さらに苦しい価格帯に追い込まれる。こんな循環が生まれてきているように思えるのは
  私だけだろうか? 本来のこの制度の精神はこんなはずではなかったように思える。
  私達の仕事は相場展開の中で勝負していくはずではなかったか? そのためにあらゆる
  情報を求め、研究し、出荷時期を考え、消費の動向を見極めながらの品種選定をし、
  仕立て方まで研究してきたはずである。 その中であえて作りにくい品種も作付けし
  研究ながらの生産をしてきたはずである。
  
  もう何年か前になるが K氏とユキンコが売れるようになったら大変なことになるかも
  知れないと言う話をしたことが思い出される。 ユキンコは何時、どこで、誰が、どのように
  作ってもユキンコだった。 品種としてみれば優秀な品種なのだが生産者の努力の結果が
  全くと言っていいほどその差が出ない品種だった。
  開花時期が集中し、不足、だぶつきを繰り返してきた一因となったのもユキンコ系による
  ところを見逃すわけには行かないように思います。 最も最大の要因は作りやすい、売れる
  品種に偏った品種選定をしてきた私達生産者の『甘え』が最大の要因であった事は言う
  までも無いことです。

■ カスミソウと出会って20年、今こそ初心に帰って勉強しなおす時期に来ているように
  思います。
by taka1562t | 2008-07-26 04:43 | 日々の記録

前半戦の出荷が終わって

■ 7月19日

■ 出荷も前半戦がほぼ終了になりました。残すところは高尾峰圃場の分がまだありますが
  下の3圃場の後片付けと新苗の定植で仕事に追われる毎日です。 高尾峰圃場も開花が
  始まっていますがそちらまでは手が廻らないと言うのが現状です。 来年度末までの計画で
  長尾圃場を撤退し、若松街道 B圃場にハウスを移動するための作業に思いのほか手間取
  っていることもありますが作業が遅れ気味になっています。

■ 前半戦の出荷量は7月末までの出荷計画量を達成できたようです。 但し販売額は計画に
  は到達していません。 何が問題だったのか今後の検討課題です。
  来月からは新植のファンタイム、アルタイルが開花してきます。 加えて高尾峰圃場の
  アルタイル、ミリオン他ユキンコ系が開花します。早いところ新苗の定植を終了してそちらの
  出荷作業に切り替えなければなりません。 

■ 現在、ハイドランジャ(アナベル)とセダムの出荷をしています。 今年初めての出荷になりま
  すので現在の価格が妥当なものかどうか判断がつきません。 箱単価を考えるともう少し
  欲しいのですが欲が深いのでしょうか?。 どちらも今後も出荷を続けたいと思っていますの
  で各市場の担当者様、買参人の皆様宜しく御願いします。

■ 8月旧盆用のリアトリスが大分伸びて来ました。予定通りに開花してくれるのかどうか
  楽しみな反面、間に合うかどうか少し不安もあります。毎年のことなのですがいつも
  ヒヤヒヤさせてくれる 彼女 達です。
by taka1562t | 2008-07-19 02:59 | かすみ草
■ 7月13日

■ 部会の研修旅行に参加して本日無事に帰宅いたしました。
  サカタ様ま、ミヨシ様、タキイ様、スミカ様(訪問順) 
  各種苗会社、担当者様始めガイド頂きました皆様、細部に渡りご丁寧な説明を戴き、厚く
  御礼申し上げます。 今後の生産に大いに参考にさせて戴ける物と思います。
  本日は疲れましたので詳細は後日に譲ることとして、まずは御礼のみ申し上げます。
  ありがとうございました。
by taka1562t | 2008-07-11 22:44 | 日々の記録
■ 7月8日

■ 7月6時夜、カスミソウの出荷前半戦終盤を迎え、妹家族と姪家族、7名プラス
  我が家のアイドル、『ゆうご君』を含め総勢8人での夕食会を開催しました。
  例年は外での食事会だったのですが、今年はとても活発になった孫のことを考え
  我が家での開催にしました。 お蔭でゆっくりとすることが出来、かえってよかったかなとも
  思いました。 『孫君』がもう少し大きくなるまではこのパターンが正解かなとも思っていす。
  楽しい夜でした。

■ 本日の出荷量、カスミソウ30ケース、リアトリス3ケース、合計33ケースでした。
  次回からはガックンと減少して僅かの出荷量になります。
  ニューホープはまだ続きますが、ミリオン、アルタイル、ポラリスがほぼ終了。雪の舞は
  上位葉に枯れ葉が目に付きとても気持ちよく出荷とは行かないようです。
  もったいないようにも思いますが無理な出荷で消費者の皆様にご迷惑だけはかけたくない
  ので、本日午後より、刈り倒し、強制終了する作業に突入しました。
  この後は山の高尾峰圃場が開花するまで、細々とした出荷になりますが、続けて行きたいと
  思っています。
  本日のリアトリス出荷量全員で約80ケース、1万本にもう少しのところまで来ました。 
  次回の出荷が楽しみです。
by taka1562t | 2008-07-08 21:48 | かすみ草
■ 7月3日

■ 本日午後2時よりエルフバケットの、出荷中間検討会が開催されました。
  6月15日よりエルフ使用を再開してからの実績が担当者から報告され、議事に入り
  エルフ使用の範囲拡大について検討されました。 結果、対応が出来ない市場分を
  除き極力エルフ使用に方針を転換することになりました。 もちろんエルフ出荷が
  無理な品目もありますので、品目別の専門部会、または共通品目生産者間で協議しながら
  今後の方針は順次決まって行くことと思います。

■ エルフバケット出荷を提案して4年、長く、はがゆい月日だったがやっとここまで来たかとの
  感じがあります。 熟柿は節が来れば落ちる。 それにしても長かったが短気を起こさず
  待っていた甲斐があったなと言う感じです。
  部会員の皆様のご理解に感謝したい気持ちでいっぱいです。 そしてJAの担当者はじめ
  役員各位のご理解に感謝します。
  環境の問題、品質の向上にエルフバケットは必須の条件であり、今後を考えるときこれは
  決して避けて通れない道と確信はしていても、自分の気持ちが揺らぐことも多かった。
  でも、やっと今日その日が来た。 嬉しい。
by taka1562t | 2008-07-03 21:58 | 日々の記録
■ 7月2日

■ 本日午後2時から新鶴総合支店出荷所で、リアトリスの出荷打ち合わせを(目揃い会)
  実施しました。 切前、規格、入れ本数、梱包、箱の表示等の確認と、春の市場訪問の
  際に頂いたご指導の内容等についての報告を行いました。
  昨年からは2回出荷遅れの出発になりますが、明日から出荷を開始します。
  関東地区3市場のみの出荷になりますので昨年よりは集中した量の出荷にさせて
  いただけると思います。
  3市場の担当者様始め、買参人の皆様宜しく御願いします。
  昨年よりは取り扱いやすいように、規格、本数、品質の揃え等を良くしてお届けできると
  思います。
by taka1562t | 2008-07-02 22:42 | 草花類