人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

凍っても元気な花達

■ 1月25日  

■ 朝3時40分、かなり寒いようなのでハウスに行く。 案の定ハウス内の気温-5度。
  急いでストーブに薪を入れ火を焚こうとしたがなかなか火は強くならない。 そのうち
  また一度下がってしまった。 キンセンカの葉は完全に凍ってしまった。
  何とか火の勢いが強くなったのを見て、ナデシコのハウスに行く。 こちらはまだ-3度。
  入り口付近が凍ったが全体にはまだ元気な様子。 同じく急いで火を焚く。 火が強くなって
  も一向に温度が上がらない。 ハウスの中を歩いて見る。 南北の両サイド側が凍り始めて
  来た。 燃え易いものをストーブに入れながら様子を見る。 同じく温度は上がらない。
  0℃になったのは午前6時ごろ。 したがってマイナス気温で大分長い間『彼女達』は凍えて
  いた事になる。 果たして復活してくれるのか? 心配しながら一時帰宅。

■ 昨日採花しておいたナデシコを出荷してからハウスに直行。 ナデシコもキンセンカも一部を
  除き皆立ち上がっていた。 ほっと一安心する。その後、晴れの天気に誘われて今年中に
  撤退する予定の長尾圃場のハウス解体に行く。 半端だったハウスの解体だけして夕方
  早めに『彼女達』のハウスに行く。 朝あれだけいじめられたのにみんな元気にしている様子
  今日は少し早目からストーブに火を入れることにした。 夕方5時、ふたつのストーブが
  いつものように燃えるのを確認して帰宅。 明日の朝はあんなに寒くならないことを祈って
  居る。 また明日も4時起きかなと思う。
by taka1562t | 2009-01-25 20:02 | 草花類
■ 1月23日

■ 夕べからの雨で心配していたことが現実になってしまいました。 今日夕方にはハウス周り
  の雪が少なくなり、雪下越冬のカスミソウの株がついに顔を出してしまいました。 まだ一部
  ですが心配なことに変わりはありません。 明日から雪の予報が出ていますのでそれに
  期待するしかありません。 雪の多い所の方々からすればお叱りを受けるかもしれませんが
  私にとって不安が募る出来事です。 

■ 寒に入って二回目の雨でした。 こんなことが今まであったのかと思ってみても記憶には
  ありません。 明日からの雪がどのくらい降るものか不安はありますが、反対に一安心で
  あることも事実です。
  私たちの地方を含め、北は暖かく南は寒い冬のように感じます。 これが私たちのこれから
  の仕事にどんな影響を与えて来るのか心配です。 12年の春のように3月彼岸過ぎに大雪
  などで帳尻あわせをしてくれないことが今の望みです。
by taka1562t | 2009-01-23 21:14 | 日々の記録

栽培記録表の提出

■ 1月21日  20年栽培記録表提出

■ 以前から求められていた花の栽培記録表をJAの担当者に提出してきました。
  昨年までと同じ様式で記録していたため今年の様式に合わなくなり、新しい
  様式に書き写すのに手をとりましたが、やってみて良かったと思いました。
  自分が一年間にしてきた仕事をハウス一棟ごとの結果と見比べながら反省
  できた事。 記録したままでプリントして提出していたら気が付かなかったかも
  知れないと思うようなことがいくつか見つかった事。 たとえば施用した肥料の
  種類、施用した時期、施用した量、それと結果を見比べながら、作業をしていた時には
  気が付かなかった僅かな違いが、そのハウスの結果に大きな差を出してしまう事。
  品種(系統)によりその現れ方にも大きな差があること。 一例として
  同じ日に届いた同じ品種の苗でも、定植した日が3日違った事と、連作していたハウスと
  初めて植えたハウスとでは生育速度(開花までの日数)や花の強さ、花色、
  茎の立ち本数、草丈、遅れ芽の立ち本数、枝切りの切り本数などに差があったように
  思えました。 (正確なデータとして取っていないので何となく感覚の世界)
  仕事をしている時に感じていたことと反省が一致する分と、改めて気が付く事。どちらも
  ありました。 そして作付けした品種(系統)の中でもう止めたいと思っていた品種が以外にも
  花が強く、切本数が多く2L率も高かったものもあれば、自分の好みには合っているが
  以外にも効率の悪いものもあるようです。
  21年の栽培計画もあらまし出来ているのですが再検討の余地があるようです。
  今回の記録表は施肥量、防除記録がメインの報告ですが、意外にも私自身には一年の
  反省と次年度に向かって計画の見直しを気づかせる良い機会になったようです。
  やっぱり記録は大事ですね。
by taka1562t | 2009-01-21 22:01 | 日々の記録

明日は大寒と言うのに

■ 1月19日

■ 明日は大寒だと言うのに今日は雨の1日。 夕方から雪かと思ったら今現在雨。
  何かがオカシイ。 今朝は雨なのに地面は凍りついていた。 朝5時過ぎ、駅のホームに
  撒いた融雪剤が雨で流れてしまい6時過ぎには効果なし。 上りの1番列車の頃
  (6時53分)にはまた凍りついてしまった。 ハウスで仕事をしていたが、もしやと思い
  駅に戻ったものの間に合わなかった。
  再度撒いた融雪剤の効果が出てくる前に列車の時間になってしまった。
  おかげで利用する高校生たちがホームに上る斜面で滑ってしまい転んでしまう人が続出
  した。 『滑るので手摺りを使って』 と、声をかけるのだがなかなか聞いてもらえず前記の
  有様になってしまった。 もう少し早く気が付けば良かったと思っても後の祭りである。
  幸いけが人が出なくて良かった。
  
■ 今日気が付いたこと、考えた事
  自分の住んでいる会津は雪国だと思って生活してきたし、身支度も雪国モードで構えて
  きていた。 それが今は少し違うらしい。 今朝の子供たちの靴は冬の靴ではないらしい。
  30数年前(昭和48年頃?)2月18日?東京に大雪が降った。私の住んでいたところでも   (銀座8丁目)20cm位だった様に記憶している。 雪国生まれの私には大雪とは思えな
  かったが東京では大雪だったようである。けが人が何百人とか 電車が止まったとか
  ニュースが流れていたのを思い出す。 私の職場であった首都高速道路も何日か止まって
  いたように記憶している。
  今朝の様子を見ていて、ふとあの時の東京の有様を思い出してしまった。
  凍っていようがいまいが、雪があろうがなかろうが、冬には冬の身支度があるものと思って
  いる私がオカシイのか?。 真冬に夏の靴を履いて来る子供たちがオカシイのか?それとも
  そんな子供たちを車で駅まで送りながら、そのまま送り出す親たちがオカシイのか?
  みんな正常なのだが冬に雪が降ったり、凍ったりする状態がオカシイのか?。 さまざまに
  考えている自分が1番オカシイらしい。 『今と昔は違うのよ』 そんな一言で私は昔人に
  されてしまった。 勝手にしてくれと私は言いたい。

■ 昼間の雨で積雪が昨日の半分になってしまった。 雪下越冬のカスミソウのハウスに
  昨日は思い切り雪を飛ばし込んで置いたのでその分だけは周りから見ると少しは多く
  見えるがそれにしても例年の半分くらいしかない。 2月に雪がなくなってしまい凍害を
  起こした昨年の悪夢がよみがえってくる。 あまり多い雪はいらないが、まったくなくなって
  しまうのも困る。 下手をすれば命取りになりかねないから。 雪がない状態でこの後地面が
  凍ったりしたら本当に一大事になる。その程度がひどい場合、昨年根張りが弱かった株は
  間違いなく凍み枯れを起こしてしまうから。

■ 雪が降り過ぎるのも困る。降らないのも困る。勝手な話ではあるがこれが現実なのです。
  雪でも雨でも降る節には降る。解ける節には解け、晴れる節には晴れる。
  そんなメリハリのある気候にはならないものかと思う勝手な自分が居る。
by taka1562t | 2009-01-19 21:17 | 日々の記録

遅ればせながら

■ 1月17日 今年も宜しくお願いします。

■ 新年早々パソコンが壊れ、淋しい正月になってしまいました。 今日ようやく新しいパソコンを
  立ち上げて貰いました。 いつもの友人のおかげでまたカンバックできました。 感謝です。
  いつものことながらお世話になります。 何もできない私のために貴重な時間を
  裂いてくれました。 有難いばかりです。

■ 明日2回目のプロバンスの出荷です。 2L 1ケース LM混み 1ケースの2ケース出荷に
  なります。 開花はいまいちですが、早く咲いた花が老けそうなのでとりあえず切りました。
  満足いくものではありませんが宜しくお願いします。 どうか店頭に並べてやってください。
  そして雪の中でがんばって咲いた花たちに広い世界を見せてやって下さい。

■ 13日朝から始まった今回の雪もようやく今日で一区切りになるようです。
   今回気づいた事。
  この冬の雪の量は昨年の半分くらい。これは別にして地温が下がり切っていない事。
  降った雪を除雪機で飛ばした後、残った雪がすぐに消えてしまい地面が顔を出してくる事
  気温が2~3度位でも積もった雪が1日で沈んでしまい半分位になってしまう事。
  マイナス5度位の朝は除雪機が使えるが、太陽の出る出ないにかかわらず、0度に近ずくと
  小型の除雪機では対応出来なくなるほど、雪が湿り気を持つ事。 こんな状況を見ていると
  どうしても地温の事を疑いたくなる。 考えすぎかも知れないが・・・・・・。
  これからも注意して見て行こうと思います。
by taka1562t | 2009-01-17 21:34 | 日々の記録