人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ポラリスは元気です

■ 3月30日  露地雪下越冬株の古茎切りをしています。

■ ホワイトロード、アルタイル系の切り戻しを終了して28日からポラリスの切り戻しに入りました。
  前の2種と違いポラリスは元気に越冬したようです。 ネズミの被害が激しかった19年7月
  定植分は春の採花をあきらめ、一部を隣のハウスの欠株分に移植することとし、残りは廃棄
  することとしました。 移植する株、廃棄する株ともにスコップで堀上て根の状態を見て
  みました。
  結果、直根が太く30cmから40cmくらい3本から6本もまっすぐに伸びている株がほとんどで
  新芽の数も非常に多く出来ていました。
  直根が3本くらいのものは親指を超えるくらいに太く、5から6本くらいのものは小指くらいの
  太さでした。また少数ですがタバコくらいの太さの根が10本程度、タコ足状に広がり気味に
  伸びているものもありました。
  19年秋、20年春、20年秋と3回収穫の株ですから、根が強いのは当たり前かも
  知れませんが何となく頼もしくなる根の強さです。

■ 他の系統が越冬で苦労している中、この強さは魅力です。 ついでに20年7月植えの株も
  彫り上げてみましたがやはり同じ傾向でした。さすがに根の太さは小指からタバコ程度の
  物でしたが、これも今年の秋までにはあんな風に太く、長くなるのだろうなと思いました。
  地上部も他の品種と異なり地際部の枯れ込みがほとんど見られません。 しっかりした芽が
  有り余るくらい付いていました。思い切って切り戻さないと後の芽整理が大変だろうなと
  思うくらいです。 
 
■ 昨年試作させて頂いたホワイトベール、スノーベール、ステラマリス、アルタイルLGは
  促成しないで露地管理として自然のままに生育過程を見てみたいのでまだ切り戻しを
  していませんがこれはどんな風になるか楽しみです。 4月に入って切り戻しをする
  心算ですが、どんな芽吹きを見せてくれるか? どんな生育をしてくれるか?
  どんな順序で開花してくれるか? 今年の前半戦の楽しみです。

■ 3月2日に播種したエンドウが順調に生育しています。 使用したマルチポリが銀黒の
  穴あきだったため地温の上昇は弱いはずなのですがそれでも頑張って育っています。
  現在5cmくらいから8cm程度の生育です。 マルチポリがグリーンだったらもっと
  進んでいたのかも知れませんが、手元にある資材だけでやった仕事なので仕方が
  ありません。 本来の目的が収穫ではなくハウスが空いている間を利用しての『土つくり』
  なので繁茂したツルを全部鋤き込んで緑肥にするのが目的なので何よりも伸びてくれる
  事が重要なのです。 13年の春エンドウを作り、その後にニューホープを植えたときの
  出来上がりが良かったので『夢よもう一度』の思いなのです。 あの時は300株の植え
  付けで30本入りの箱で120ケース、枝切りで30ケースくらい出荷できた記憶があり、
  再度やってみたかったのですが、今までなかなか出来ないで居ました。
  それがこの春はハウスの移動でユキンコ系の美雪を廃棄したために空きハウスが
  出来たので願いが叶ったような次第です。 
  
■ 雪が少なく、今までとは異なる現象がいろいろと出てきて心配なこともありますが、
  それでもやはり春は楽しみなことがいっぱいです。
  先日播種したスターチスも芽が出揃ってきました。 ハマナデシコもそのうちに発芽
  してくれるでしょう。 この後『ウド』の管理、セダムの古茎の切り戻し、アナベルの管理
  サンゴミズキのカイガラムシ退治と、仕事は限りなく続きますが、どれをとっても興味が
  尽きないことばかり、今度はなにをしてくれよう、 何時までにはこれを終わりたい。
  そんな思いの毎日は幸せな日々です。  
by taka1562t | 2009-03-30 05:18 | かすみ草
■ 3月27日 越冬株の古茎の切り戻しをしています。 

■ ハウス内越冬、露地越冬ともに 今まで経験したことも無いくらい芽吹き本数が少ない。
  この後の芽整理が楽で良いかなと独り自分を慰めている状態です。
  しかしこんな冗談を言っている場合でないことも事実です。
  ハウス毎に多少の差はあるものの生育も揃っていません。
  こんな中、ポラリスだけは昨年同様の芽数が確保できそうです。 越冬率が良いと以前誰かが
  話しているのを聞いたような気がしますがその通りのようです。

■ 今まで考えたことも無かった越冬率が低下した要因は、いくつかは考えられるのですが、
  本当は何が原因なのかはまだわかりません。
  且って露地越冬のBFで約8割を枯らしてしまったことがあったのですがそのときは土に問題が
  あり、普及所の先生と検討した結果、改善処置した後はその現象はなくなりました。
  その時の記憶では EC、PH がともに極端に低くその上、苦土欠乏の状態でした。
  しかし今回はそれには該当しそうもありません。 また新たな課題が出てきました。
  一言で天候のせいと言ってしまえば簡単なのですがそればかりでは無いようにも思える
  からです。 昨年の定植から途中の管理、採花終了後の状態、冬季間の状態、等々
  思い起こしながらの検討をしながらこれからの経過を注意深く見て行きたいと思います。
by taka1562t | 2009-03-27 05:47 | かすみ草
■ 3月22日  キンセンカの出荷ほぼ終了しました。

■ 3月14日 13日確定申告が終了して、先日届いた『みやび』の定植の準備のため早朝より
  ハウス内の作業中、急に胸部に違和感を覚え休んでいると心臓の鼓動が弱くなり終には
  その動きを停止してしまった。 僅かに3拍分くらいの時間だったと思う。 その後再度動き
  出したのだが急に頭が痛くなりめまいがした。
  急いでかかりつけの先生のところに送られて行った。 心電図に特に異常は無かったが
  念のために 『ホルター心電図』での検査をすることになった。(24時間心電図) 15日の
  午前中まで休みながら心電図記録をとったが、その間中 胸部ミゾオチ部の違和感は消えな
  かった。18日24時間心電図の解析が終了し心臓に異常があることが判明した。 
  午後から治療を開始する旨先生から連絡があり午後2時クリニックに行く。
  1年ほど休んでいたニトロによる治療を開始した。

■ そんなこんなで予定より遅れてしまったが『みやび』8枚分の定植を21日完了した。 
  その前日20日『メレンゲ』の苗が届いた。 案内も何も無かったので来ないのかと思って
  いたら突然に入荷した。今日、急遽予定外のハウスに屋根を張り畝つくり、定植とどたばたの
  仕事になってしまったが何とか1枚分は定植を終了した。
  残り1枚分は2日後に定植になる予定。 初めての品種なので試して見たい事もあり
  2箇所への定植とした。 

■ 3月21日 午後からスターチス『ソピア』とハマナデシコの播種。 
  時期的には遅く成ってしまっているのだがどうしても試したいことがあって播種すること
  にした。 ここ2年ほどあまり活用していなかった 高尾峰圃場の活用法に再度挑戦してみたく
  なったからである。 高尾峰圃場は最近グラジオラスだけの作付けで他のものは作って
  いなかったのだがどうしてももったいなく思えて、再度挑戦してみたくなったが果たして
  何を植えるか? 迷った結果の選択であった。 ソピアもハマナデシコも以前に栽培した経験は
  あるので大丈夫かと思うが、近年の温暖化の影響がどんな風な結果を導いてくれるのか?
  少々不安はあるのだがまずやってみようと思う。

■ それにしても冬越しのカスミの芽吹きが極端に悪い。 ハウス内で越冬したのも露地越冬も
  どちらも今まで経験したことも無いくらいに発芽する芽の数が少なく、生育も遅れている。 
  これからの経過を慎重に見て行かなければと思う。  
by taka1562t | 2009-03-22 22:18 | 日々の記録

出荷再開します

■ 3月5日  休んでいた出荷を再開します

■ 親戚の葬儀があり採花できず出荷を休んでいましたが今日から出荷を再開します。
  休んでいる間にピークが来てしまったキンセンカは咲きすぎで出荷できないものが多数
  出ましたが仕方ありません。 ナデシコはあまりロスが出ませんでしたので何とか
  出荷できます。この後もナデシコは出荷を続けられると思います。

■ 葬儀が続いたことは予定外のハプニングでしたが、それも仕方の無いこととあきらめて、
  咲きすぎの花を新しい祭壇に飾ってあげることにしたいと思います。
  それもまた花の役割なのかも知れません。
  なんにしてもこの冬場に自分の花があることが嬉しい。 存分に惜しげなく使えますから。

■ そんなこんなで遅れていた作業もようやく起動に乗せられると思います。
  促成分のハウスかけや新植分の畑つくり。 先日に播種したエンドウの管理、
  仕事は切が無いほどに待っています。
  気合を入れなおして頑張らなくてはなりません。

■ それにしても季節が急ぎ過ぎているように感じます。 
  昨日だったか桜の開花予想が出たようです。 各地とも開花が早くなりそうだとのこと、
  何となく気ぜわしい春です。 今朝の朝日の明るさは、もう彼岸も過ぎたのかと思うような
  状況です。 もう会津は確実に東北ではなく、北関東の一部になってしまったような
  感じがします。 
  
by taka1562t | 2009-03-05 07:26 | 草花類