人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

順調に育っています

■ 3月30日 余りにもいろんな事があった3月も明日で終わり。そんな中カスミソウは
       元気に育っています。一番早い みやび は僅かに数株だが間もなく蕾が
       見えそうな気配。アルタイルも9段から10段で花芽分化中。ガソリン騒動で
       15日から28日まで電照が出来なかったためか生育にばらつきはあるがほぼ
       自分が狙った時期の開花になってくれそうな気配? 毎日が楽しい日々。

■ 今日6月中旬までに開花させたいと思うハウスの屋根掛けが終了した。冬越しハウスを
  含め8棟。6月中下旬分4棟はこれからの仕事になる。5月上旬から定植し7月以降開花
  予定分9棟は随時屋根掛け、ベットつくり、定植に進む。
  
  予定では昨年の秋高尾峰圃場から移動したパイプを建てている筈なのだが、いまだ
  圃場に雪が残っていてその仕事にはならない。今回の地震騒ぎで何かと遅れている
  仕事がめじろ押しになっているので丁度良いのかも知れない。などとタカをくくって
  いると4月が大変なことになる。例年のことだが仕事に追われる4月になりそうな気配。


   
by taka1562t | 2011-03-30 21:18 | かすみ草

線路を列車が走る

■ 3月30日 あの日以来走っていなかった列車が今日から運行。会津若松から会津坂下まで
       朝夕2往復だけの運行だそうだ。それでも踏み切りのカンカンという警報音
       が聞こえ動輪のきしむ音が聞こえると何となく安心する。

■ 線路を列車が走る。極当たり前のこと。その当たり前が無かった18日間。その間
  日常では無い事が続いた。ガソリン騒動。スーパーの水騒ぎ。カップ麺が棚から消え
  コンビニのタバコが消えた。野菜は出荷が止まり、農家の不安は日々に増して行った。
  
  地震と津波、ワンセットの自然現象かも知れないし、自然災害でもあろう。だが原発
  の事故だけは自然災害とは言えない。たとえ自然災害に由来するものであったとしても
  私には人災以外の何者でもないように思う。今ここであれこれ言う事は差し控えるが
  ひとつだけ言いたいことがある。東京電力がどれだけ原発の危険性を考えて運用して
  いたのか? あれだけ懸念を示していた前知事の心配を押し切り運用を再会しての
  今回の事故。そして今あるだけの原発だけでは足りない。もっと作れと運動した地元の
  感性。ただ理解に苦しむ。

■ 自然災害ならもうとっくに復旧に取り組めたはずだ。急峻な山間、只見川に挟まれた
  只見線であっても復旧し始めているのに、原発銀座の浜通りは復旧はおろか、人さえも
  住めない地獄と化している。幸い此処会津は原発からは距離もあり、風の向きも追い風
  になり、放射能レベルも低いとの報道に少し気が休まる。そんな中、何時ものように
  カスミソウのハウスと家を往復する日々が続いている。今の私にはしなければならない
  事も、出来ることも他には無いから。何時ものように出来ることが当たり前の日々で
  あることの大切さを思う。 
  一日も早い事故の終束を願うばかりである。そして線路に列車が走り、田畑に人の声が
  弾む春が来ること、咲き誇る桜の下、車座で酒を酌み交わすことが出来る日を千秋の思
  いで待ちたいと思う。
by taka1562t | 2011-03-30 20:47 | 日々の記録

野ネズミ君大活躍?

■ 3月22日 朝3時半前。必ず開くと言うスタンドに湯たんぽを2つ準備して出発。
       10分ほどで行列の最後に付く。並んでいた車は200台ほどか?その後
       行列は伸びて直線道路でも最後尾は確認できない位の行列になった。
       果たしてどのくらいの台数になったことか? 
       8時半過ぎ給油して帰宅。2000円分限定。それでも一安心である。

■ ガソリンの心配がとりあえず無くなったので食事の後柳津街道のハウスへ。地震の前に
  クン炭やら土を蒔いて置いたハウス2棟分の雪はほぼ消えていた。予定より3週間遅れで
  被覆することにし作業開始。絹サヤエンドウのハウス。作業中に放射線による野菜の
  出荷停止の放送が聞こえてくる。 『これもどうなるか判らないな』との想いが胸を
  過ぎる。でもせっかく雪を消した後から小さな芽が頭を持ち上げているのを見ると
  作業をやめるわけには行かない。結果はどうあれ今日出来ることと、やらなければ
  ならないことをする。それが私の今日の仕事。

■ もう1棟のアルタイルのハウス。雪解けの水が引いていなかったのでこのハウスは
  明日以降の被覆作業になる。雪の下から顔を出した株は見事に野ネズミにやられていた。
  3割程度の被害か? 屋根掛けをしてから古茎の整理をして見ないとどの程度の被害か
  本当のところは判らないが、株元が大きな穴になり、見事なまでにきれいに根部が無く
  なっていた。よほど美味かったのか? ぼかし100%のカスミだから甘かったのか?
  いろんなことを考えてみる。欠株になった分は潰す予定の別のハウスから移植する予定。
  出荷量に影響は出ないようにするつもり。それにしても彼らの活躍はすごい。

■ ちなみに今回エンジンを止めた車の中で使った『湯たんぽ』は廃品利用。ひとつは
  クリザールの5リットルの空き容器。もうひとつはファンタジーの5リットル
  空き容器。   
  80度程の湯を入れ防寒ズボンに包んで置いただけで午後になってもまだ暖かかった。
  正直これ程持つとは思わなかったが・・・・。ガソリン不足で覚えた今回の収穫かも
  知れない。包んでおくものにもよると思うが6時間ぐらいはゆうに役立つ暖かさは
  保てるようだ。 キャップはくれぐれもしっかりと閉めて試されてはと思う。
by taka1562t | 2011-03-22 20:47 | かすみ草

最高のプレゼント

■ 3月22日 昨日21日は私の誕生日。ついに60歳になってしまった。『昭和26歳』等と
       とぼけてきたがもうやめようと思う。 ただし『まだ60歳』と言う気持ち
       は持ち続けたいと思う。

■ それにしても忙しい誕生日だった。朝5時過ぎガソリンを求めて若松へ。30台程の行列に
  並ぶ、8時過ぎスタンドの営業は無しとの従業員からの報知。仕方なく2軒目のスタンド
  へ並ぶ。これも空振り。10時過ぎ仕方なく帰宅。ハウスを見回り、トンネルをはがし
  苗に潅水。朝とも昼ともない食事をして昼寝。 午後2時ごろ『あそこのスタンドが
  開いている』との知らせ。急ぎ車を飛ばす。1時間ほどで給油できた。
  一箕町の〇〇スタンド。従業員の方の手際よい作業。丁寧な扱い。そしてこの時節では
  良心的と思える納得の価格。今度近くに行ったら廻り道してもお世話になりたいと思う。
  
  ガソリンを待っている車に届け、子供達とカルタとりをして遊ぶ。惨敗。子供達には
  とても敵わない。どんなにずるい手を使っても取れたのは4枚。
  帰るとき家の下の道路まで出て、手を振ってくれる子供たちの顔。
  『また来るよ』そう言いながら手を振って別れたが、Uターンして抱きしめてやりたい
  と思う衝動に駆られながら涙が止まらなかった。私にとって何にも替えがたい宝物。
  あの笑顔が私にとって最高のプレゼント。忘れられない誕生日になりそうな気がする。
  

  
by taka1562t | 2011-03-22 19:45 | 日々の記録
■ 3月18日 今朝は雪。何時ものように駅の除雪。そしてハウスに行く。冬の間毎日
       続いた何時もの朝の始まり。ただ今日はひとつだけ違っていた。
       『ガソリンが無い。何とかして』夕べの電話で気が気ではなかった。
       非常用に取って置いた僅かばかりのガソリンを持って磐梯町まで直行
       何とか出勤時間に間に合わせ帰宅。私の車のガソリンはほぼ無くなった。
       帰り道営業しているスタンドを探す。どこも閉まっていた。
       『臨時休業』『完売』『本日休業』そんなにわか作りの看板が立っていた。
       

■ 何時もなら何のことも無く給油して走っていた車。ガソリンが無ければただの箱。
  自転車よりも始末が悪い。いかに車に頼った生活をしているか、骨身にしみる。
  午後あまり使わない車からガソリンを抜き、何とか急場はしのげるだけの量を
  確保してきた。ただし何時給油できるかは判らない。当分はハウスと家との往復
  だけの毎日になりそう。

  冬になり、たいした仕事も無く、時間に余裕が出てくると『何か変ったことは
  無いか』等と、つい思ったりしてしまう。そんな時の暮れの大雪。
  そして今回の地震。
  
  大雪で多くのハウス被害、車の立ち往生。雪と格闘する過疎の村の老人達。
  高齢者ゆえの雪の事故。
  今回の地震では報道されるような惨状。
  多くの人が大変な目にあっている。そして今、この時間も肉親の安否を気遣い、また
  原発事故に立ち向かっている人達がいる。そんな時私はほとんど変らない日々を過ご
  している。
  何も変らない幸せを少しばかり感じながら。

  1歳半で集落丸焼けの火災。7歳で水害。そのたびに多くの物を無くして来た両親。
  そしてその話を聞き、また見ながら育ってきた私には子供の頃の事が思い出されて
  ならない。この度の災害に遭われた方々にかける言葉のひとつも見当たらない。
  あまりのことに自分が見聞きしてきたことでは想像も出来ないから。

■ 原子力の危うさを感じつつも、何時しかその恩恵の中で生活をしてきた自分。そして
  今日報道で知る事故。避難して来られる人たち。つい1ヶ月前私は今回の避難地区に
  行っていた。そして御世話になって来たお寺さんは大きな被害にあったと言う。
  あの晩、私が打ったソバを食べてくれた方々も被災され避難しておられる事だろうと
  思う。どうか皆様のご無事を祈りたいと思う。そしてまた何時の日か楽しかった
  あの晩のように私のソバを食べて欲しいと願っています。
by taka1562t | 2011-03-18 21:14 | 日々の記録

ご心配をおかけしました

■ 3月13日 PM8;10 この度の地震被害につきましては多くの皆様からご心配を戴き
       ありがたく感謝申し上げます。

■ 当日11日は洋花部会の総会が行われていました。午後2時からの会議だったため部会員の
  大半は参集しておりました。会議の途中であの地震があり総会は途中散会となりました。
  12日は早朝より多くの皆様からご心配のメール等戴いていたようですが、こちらからの
  発信は出来なくなり、公衆電話を使いながら返事とご報告をさせて戴きましたが、全部の
  皆様には連絡することが出来ませんでした。申し訳ございませんでした。
  幸いにも当地の被害は極軽微であり、私自身、また確認が出来た範囲には大きな被害は
  無かったようです。

■ 本日(13日)は朝から晴れの天気で雪も少しは沈んだような感じがします。ただし昨年より
  は確実に多く、私の若松街道ハウスで平均で約50cm位、柳津街道ハウスもほぼ同程度の
  積雪があります。作業は本日現在、予定より約3週間遅れの状態です。
  それでも冬越しハウスの みやび はほぼ予定通りの生育で早い株は花芽分化を始めました
  部会員のハウスを巡回してみたところ W,Rも花芽分化が始まっていました。
  アルタイルはまだ5cm(6~7段)位の生育状況です。これも例年くらいの生育に見え
  ます。 
  現在雪下に眠っている株は、雪が無くならなければわかりませんが、特別遅れることは
  無いように思います。雪下に有る為、かえって株の健全性が保たれ、越冬芽は融雪後の
  生育は良いと思っています。(平成12年の経験から)
  尚、今後の生育状況につきましては随時お知らせいたしたく思っています。

■ 現在また揺れています。何時もなら驚く位の揺れですが、慣れました。
  どの位の期間これが続くのか判りませんが、とにかく気を強くして
  頑張ります。


■ ご心配戴きましたこと、重ねて感謝申し上げます。今後とも宜しくお願い申し上げます。
  なを、現在固定電話、携帯とも通話不能の状態が続いています。復旧は何時になります事
  やらと思っています。
by taka1562t | 2011-03-13 20:50 | 日々の記録
■ 3月11日 PM7;00
       地震の揺れは大きかったのですが、幸いにも私自身、そして身の回りで
       確認できた範囲では被害はありませんでした。
by taka1562t | 2011-03-11 19:09 | 日々の記録

寒さの中でも元気です

■ 3月7日 3月になってもう1週間が過ぎるのにテレビの天気予報は相変わらず雪マークの
      オンパレード。現在の積雪は約50cm。当分消えそうにない。
      何時になったら雪は無くなるの? ハウスの屋根掛けは何時になるのか?
      心配になる毎日です。

■ 近年は雪が少なく、2月の下旬から屋根掛けを始めていたのが今年はこの雪でまったく
  見通しが立たない。
  『春の雪は一寸降れば二寸消える』子供の頃から聞かされていたことだが今年の雪は
  そうは行かないらしい。その雪に業を煮やし昨日ハウス周りを除雪機で排雪してみた。
  残雪の深さは約50cm。深いところはそれ以上ある。
  せめて早くしたい分のハウスだけでもと思い除雪機を持ち出したのだが、無駄な抵抗
  かも知れない。この後降れば昨日除雪した分など一晩で元に戻ってしまうだろうから。
  判っていても待ちきれない雪国の人間の性なのかとも思う。

■ 外の雪は消えなくても越冬ハウスの中の みやび は不揃いながら元気に生長している。  一昨日アブラムシの防除をしながら良く見ると、冬芽を残した株が数株花芽分化を開始
  していた。他の株とあまりに歩調が合わないので脇芽を数本残しピンチしてやった。
  ピンチしながら花芽分化段数を数えると全て10段目で分化している。今まで促成に
  使ってきた品種の中では一番早い段数で分化しているのがわかる。切戻し後の芽が
  果たしてどの段数で分化してくるのか? この後の楽しみでもある。出来れば8~9
  段位で分化してくれないかと勝手に思っている。
  それにしても不揃いな生長には少し頭が痛い。 株数が多ければ不揃いも決して悪い
  わけでもないのだが少ない株数で不揃いになると出荷数量がまとまらなくなってしまい
  ロスが多くなる。何とか今後の管理で考えられることをしながら揃えるようにしたいと
  思っている。

■ 近年は雪が少なく、雪が消えたところの株は冬芽が季節はずれに動いてしまい、株枯れ
  を起こしていた。結果、欠株を出していたが今年はその心配はなさそう。代わりに
  ネズミの食害が心配になる。越冬ハウスの中で活躍していたヤツはほぼ退治できたの
  だが、外のヤツの様子は雪の下でまったく判らない。雪が消えてからどんなことに
  なっているのか少し心配な気もする。その被害の程度によっては季咲きを採花する
  ハウスと株を廃棄し新植するハウスが入れ替わってしまうこともあり、仕事の予定が
  大幅に変ってしまうことも考えなくてはならなくなる場合もあります。
  何にしても雪が消えてから計画の見直しをしなくてはなりません。

  そんな中でも、雪が多かった年にも出荷時期が遅れたこともないし、雪が少なくて
  時期が早まった年もなかった。むしろ雪が少なく越冬芽を枯らしていまい、融雪後の
  地際か地下からの萌芽を使った年は出荷が遅れていた。そう考えると雪が多いのも
  あまり心配したものでもないのかも知れない。
 
by taka1562t | 2011-03-07 06:46 | かすみ草

いよいよ3月

■ 3月1日 3月に入っていよいよ春の気配? と思いきや予報は寒くなるとの事。
       春はまだ先の気配。それでも雪は確実に減ってきている。もうしばらく辛抱の
       時期が続く。

■ 2月23日 22年度の洋花部会実績検討会がありました。各市場様からの要請はバランスを
  考えた品種構成と8月の出荷量を増やして欲しい。ついでに6月下旬の出荷量に対する対策を
  考えて欲しいとの事でした。

  6月下旬の多すぎる出荷量は苗の価格があまりにも高すぎることにより、据置株の廃棄が
  進まず、季咲き収穫が多くなってしまいがちな体系の中で無理からぬ現象とはいえ生産者に
  とっても市場にとってもあまりありがたくない出荷量になっていることは否めない。
  今年こそ少しでも改善することが出来ればと思っている。

  生産者各自の作付け予定が入ってきている。(一部未着)それによると7月下旬から8月に
  出荷する予定の作付け計画が多くなっている。現在のところ4名(昨年は2名)したがって
  ほぼ倍増する見込みになる。その分6月の出荷量はやや減になる見込み。これは5月出荷分
  が多少増える予定も含んでのこと。
  今後の天候にもよるが5月の出荷量はやや増、6月減、7月8月倍増、9月10月11月は
  昨年並の量になる見込み。

  品種構成は昨年の反省会で提案させて戴いたように、アルタイル、ベールスターが柱になり
  極早生系でホワイトロード、みたび、一部フォレスト、ポラリス等が作付けされる予定。
  残りは例年通り試作品種が僅かに導入される予定。比率は主流2系統で約7割位になり、
  その他3割位になりそうです。

  昨年始めての試みだったS及び2Sサイズの定価販売についても部会内部で検討しながら
  今年も進めたい。(市場からの要請によるもの)
  染カスミソウについても染適応系統が主流になるので定時適量出荷に取り組みたい。細部
  については今後部会で検討する予定。注文対応は昨年同様継続する。

■ みやびの越冬ハウスはトンネル、電照管理を開始しました。アルタイル1棟はまだトンネルのみ
  近日中に電照を開始する予定(始めての試み)果たしてどんな生育になるのか楽しみです。

■ ユーカリが3週間かかってようやく芽を出してきました。苗床の温度が少し低かったのが原因
  のようです。昼から夕方帰宅する頃まではほぼ20℃を確保していた床温度も朝は10℃位
  まで低下してしまい安定しなかったのが原因と思い、先日踏み込みの材料を増やし発熱材
  (ぼかし)を再投入したところ、ようやく朝の床温で15℃以上を確保できるようになり
  安定してきたのでいっせいに発芽したものと思われます。まずは一安心です。
  今後焼き枯らしなどない様に気をつけなければなりません。
by taka1562t | 2011-03-01 05:33 | かすみ草