人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

荒れる春

■ 4月28日 昨日も今日も強風が吹き荒れる。例年桜が咲く頃には春の強風も治まるのだが
        今年は例外の様だ。 この後の天候が気になる。

■ 会津は例年春の彼岸前後から桜の咲く頃まで強い風が吹く日が多い。
  それが今年は桜が咲いた後に雪が降り、昨日、今日の強風と、荒れた日々が続いている。
  
  春風が強い年は夏、秋の天候に要注意。
  
  昭和56年? だったか 5月31日朝の大霜 (葉タバコ他に大被害)
              
  昭和58年?      8月23日の台風被害 (葉タバコ乾燥ハウスの被害)
              この時の被害はおよそ1000棟位だったのでは無いかと
              記憶している。この一日で私の勤め先では約800万円の
              ビニールを販売した。そしてその後販売代金の回収遅延が
              1500~2000万円発生し、資金繰りに苦労した記憶が
              ある。この頃の私の販売額が1億3千万円前後だったので
              その痛手は大きかった。
 
 平成5年冷害 6年干ばつと続いた気象災害。特に6年の干ばつは夏の高温を伴い花は
 大きな痛手を蒙った。また5年の冷害は米不足パニックを起こした事も忘れられない。

 そんな年の春を思うと、何時も春の風で葉タバコの苗床ハウスが被害を受けビニールの
 手配で苦労させられた事を思い出していた。そんな何年かを経験している内に
 『春の風は災害を呼ぶ』そんな想いが身に染み付いてしまっていた。春風の強い年は
 ビニールだったり遮光シートだのと天候に左右される資材の仕入れを増やしていた事が 
 思い出される。

 今年があんないやな年にならない事を祈りながら、また準備をしっかりとして行きたいと
 思っている。ちなみに私はハウスの屋根フィルムを例年より多めに仕入れた。
 どっちみち円高で化成品の価格は上ることはあっても下がる事は無いとも思った事も
 あったので・・・・・・。これは人災? か。 
by taka1562t | 2013-04-28 22:56 | 日々の記録

圃場巡回を終えて

■ 4月25日 22日の圃場巡回を実施して安心しました。
        ほぼ昨年同様のスタートが切れそうです。

■ 本来ならば昨年より早いスタートの年になるようにしたかったのですが、如何せん今冬の
  大雪には敵わなかったようです。それでも昨年同様にスタートが切れれば上出来と言わざるを
  得ないのかなとも思っています。

  例年の様にホワイトロード、みやび からのスタートになりますが、5月末頃からベール系も
  出荷できそう ?。そうなれば良いなとの期待だけですが・・・・・・。

  頑張って咲かせたいと思っています。

■ 心配していたリアトリスの野ネズミの被害もあまり見られません。  ただしまだ油断は
  できません。野ネズミの被害はこれからの時期も発生します。周辺の田んぼ、畑が耕される
  と、行き場を失った奴らが一斉に耕さない畑に移動してくるからです。
  栽培者のこまめな巡回と、万が一の場合の対処に全てがかかってきます。
  栽培者の手を尽くした管理が望まれます。
by taka1562t | 2013-04-25 22:39 | かすみ草

銀世界

■ 4月21日 朝から降りだした雪でお昼頃にはすっかり銀世界に変わった。
        蕾が一粒別れを始めた みやび もビックリしただろう。
        午後からハウスにストーブを焚きながら枝欠き作業。寒かった。

■ 今朝のコーヒータイムに
  
  綾なせる 時の瀬に咲く 八重桜
  はるかに偲ふ 松ヶ枝の月      

■ 一昨年は4月17日が大雪だった。今年は4日遅れで雪が来た。そう言えば昨日、山は
  吹雪だった。(400mから上) こんな事が珍しくなくなるのかとも思う。
  
  何があっても タマゲナイ(驚かない) そんな自分でありたいと思う。

  そうは思いながらもこの寒さに少しへこんでいる自分。
  明日は部会の圃場巡回がある。 部会員の圃場の生育状態をトータルで判断できるものと
  思う。はたしてどんな生育状態か? 楽しみな日? でもある。 
by taka1562t | 2013-04-21 23:15 | 日々の記録
■ 4月13日 11日 12日の両日お世話になっている関東4市場を訪問し、今年の出荷計画
        をお伝えし、また様々なご意見、ご指導を戴いて来ました。

■ 11日は東京FP、川崎花卉園芸、12日は世田谷、オークネット、各市場を訪問し各品目
  担当者に今年の品目別出荷計画をお伝えし、それに対するご意見ご指導を戴きました。
  なかに厳しいご意見も戴きましたがそれは私たち部会に対する叱咤、激励の本音のご意見と
  受け止め、今後の生産管理に今までより以上に力を注いでいく決意を新たにさせるもの
  でした。
  
  とかく例年この時期の市場訪問と言うとどちらかといえば、お互いに聞き心地の良い話に
  なりがちなのですが今回はお互いに本音の話が出来たように感じました。
  お世話になって随分と年数も経っているように思っていましたが、今回ほど各市場様から
  真剣なご意見、ご指導を戴けたことは無かった様に思いました。この内容は部会員各位に
  伝え、一丸となってご期待に沿うべく頑張って行きたいと思いました。
  有難う御座いました。

■ 2日間見ないでいたハウスに行ってみるとハマナデシコを始め苗物は水切れで萎れ、
  カスミソウは『水が欲しい』と葉を持ち上げてバンザイ状態でした。早朝から潅水と、
  ハウスの換気の操作をしていると、先輩 S氏から電話があり、この先の天気が心配なので
  月曜日からの予定だったブドウハウスの建て込みを開始したいとの話。急ぎ作業を終らせ
  現場に急行。夕方までに2棟の段取りを終え、3棟めの段取りに入る事が出来ました。
  
  明日は朝から妹宅の水稲種蒔き。終り次第ハウスの建て込み。約500m弱か?。果たして
  何日で終れるか? 関わっているのは皆忙しい人ばかり、瞬時も無駄には出来ない作業。
  段取り次第で全ては決まってしまう。頑張ろう。

  それにしても2日見ないとカスミソウはえらく生育が進んだように見える。毎日見ていると
  感じない事も見えてくる。たまには離れてみるのも良いもんだとも思える。
  そんな今朝でした。
by taka1562t | 2013-04-13 21:57 | かすみ草

荒れた春の風

■ 4月8日 6日午後から吹き始めた風がようやくおとなしくなった。
       今日ハウスの中で芽整理やら枝掻きをしていたが、折からの強風でハウスは
       大きく揺れ、恐怖を感ずる時さえあった。夕方被覆してあるハウスを見て
       廻ったが、幸い大きな被害は無かった。少し弱っていただろうバンドが数本
       切られていた。予備に準備しておいたバンドと交換した。

■ 近隣のハウスを見て廻ったが特別被害を受けたハウスは見受けられない。まずは一安心と
  言ったところ。
  作付けされている作物、栽培者の誰彼を問わず、ハウス屋さんは皆同類。被害を受ければ
  その大変さは皆同じ。そしてそれがどこで起こってもそれも皆同じ。

  最近、観測史上最高とか〇十年ぶりとかそんな気象現象が日常のように聞かれる。
  そして、その度に被害が発生した事が報じられる。それが何時自分の身に降りかかって
  来るのかと恐怖を感じる事がある。まさに昨日今日の風はそんな感じのする風だった。
  幸い身近にそんな被害が無かったことを幸せに思う。
  今回の風は時間も長かったので私の知らないところで被害が出ているかも知れない。
  せめて少しでも私との関わりのあった方に被害が無いことを祈るばかり。

■ 風が無ければ今朝やるはずだった妹宅の水稲育苗ハウスの被覆を明日の朝は何とか
  やってやりたいと思っている。この度古くなったパイプ(35年使用した)を建て替えて
  やったばかり。今回の強風予報があったので被覆を先延ばしにしたもの。種蒔きの日が
  近付いているので少し気がもめる。明日の朝風が無いことを祈る。
by taka1562t | 2013-04-08 21:45 | かすみ草

融雪遅れの影響は?

■ 4月4日 遅れていた融雪がお彼岸を過ぎた頃から一気に進み私の圃場はすべて
       雪は無くなった。他の部会員の中にはまだ畑の隅に残っている所も
       あるが間もなく無くなると思う。

■ 大雪、融雪の遅れで野ネズミの被害が出ているような話が多く聞かれる。他の部会の
  方のハウスでは実際に被害があった様だ。
  幸いな事に私のハウスでは被害は無く済みそうだ。当部会の主だった会員のハウスでも
  大きな被害は見られない。したがってこの春の出荷量にほぼ影響は出ないと思う。
  昨年同様の出荷量は確保出来ると思う。

■ 融雪の遅れが作業の遅れになっている事だけは否めない。(昨年も同様だった)
  したがって出荷開始から6月上旬の出荷量を増やしたかったのだがそれは望めそうも
  無い。そうなると例年同様そのしわ寄せが6月下旬の出荷の山を作ってしまう。
  それをいくらかでも回避しなければならないと考え、自分の分だけでも出来るたけ
  生育を進めて出荷時期を前倒しする為の管理をしたいと考え、予定より早めた被覆
  作業、及び予定外のマルチ張替え作業をしてみた。果たしてどの程度効果があるかは
  不明だが(今年初めてのことなので)やれる事はやってみるしかないと考え実施した。
  
  この作業の結果、冬越しハウスと雪下越冬ハウスの開花が切れ目無くつながって
  くれれば有難いのだが・・・・・。昨年までは私の冬越しハウス分を追いかけて
  他の方の出荷があり何となくつながっていたのだが・・・・。
  基本的には今年もその流れにはなりそうに思えるのだが、早い分の出荷量を多く
  したいとの希望とは異なる結果になってしまいそうで『気のもめる』毎日。

■ ハマナデシコの苗は順調な生育をしています。ただし予定ではすでに定植していた
  はずなのだが前述のように融雪遅れで定植できず、いまだ苗床の中にある。幸い
  大き目のポットに入れておいたのでこれからの定植でも大苗で植え、すぐにピンチ
  出来るので結果には大きな影響は無く済むと思っている。出来るたけ早く植えて
  やりたいと思っている。
by taka1562t | 2013-04-04 05:54 | かすみ草