人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雪下越冬株萌芽

■ 3月31日 今朝は例年お決まりの強い風が吹いています。お彼岸頃から吹いてくる
        春の風が(嵐と言っても良いか?)今年は比較的穏やかだった。
        遅く吹き始めた分先が長い等となってくれなければ良いがと想っている。
        例年だと桜の季節には落ちついてくるのだが今年はどうなるか?

■ お彼岸前に屋根掛けしたハウスのベールスター、アルタイルが萌芽し始めました。
  古茎の切戻しの時、芽の膨らみが小さかったので心配でしたが案の定、萌芽位置は
  基部からの出芽が多く切り残した茎の芽はほとんど役に立ちそうもありません。
  芽数は間に合うほどあるようなので一安心なのですが、この芽は強く良い物に
  仕上がるのですが開花までの日数が枝芽より多くかかる傾向があります。
  
  ハウス内越冬株は各品種花芽分化が済んでいるのと、ようやく萌芽の株の生育差
  が出荷の中断につながる恐れがあります。これから遅れを取り戻す為の管理が
  必要になってきます。これも融雪が送れたことに起因するのですが言い訳にも
  なりません。今までも何回か経験していることなので余計な手間と資材は必要に
  なりますがやらなければならないと想っています。今日からそのための管理に
  入ります。

■ 被覆したハウスの内、3棟で野ネズミの食害が出ています。このハウスは
  まだ古茎の切戻しをしていないのでどの程度の被害か判明しませんが、予定より
  1棟多く被覆してあるので切戻しをした後、被害の多いハウスを廃棄します。
  ただしまだ被覆はしていないハウス(これは季咲きは採花しない予定だった)を
  予備に残してあるのでこの分を使うことで出荷量は確保出来そうです。

  季咲きの最後に計画しているフォレストはネズミの食害も無く元気に萌芽して
  います。系統のせいか、場所のせいかは判りませんが昨年も被害が無かったので
  もしかするとネズミが嫌いな根なのかな? などと想ったりしています。
  果たしてどうなのかは判りません。
by taka1562t | 2014-03-31 05:41 | かすみ草
■ 3月28日 屋根掛けして10日。古株の切戻しをしています。
        昨年最後まで採花していた株なので越冬芽が育っていません。
        小さな芽を大事に欠けないように注意しながらの切戻し。
        のんびりとやっています。
        昨日までで3棟分終了。残り4棟はこれからになります。
        
        季咲き最後の採花になるフォレストは露地管理にするので
        まだ切りたくは無いのですが越冬芽が動いています。
        もう少しおとなしくしていて欲しいのですが想うようには
        行かないようです。
        昨年12月まで採花していたのにも関わらずしっかりと
        越冬芽が育っています。やはりこの系統は雪下越冬に強い
        ようです。

■ 最後まで雪が残っていた出戸田沢圃場もようやくベットが見えるようになって
  きました。完全になくなるまでは後数日掛かりそう。この圃場は5月1日から
  新植する計画なので地面が乾き次第、畦作りの準備になります。
  品種はスターマインで7月中旬から採花し、8月中旬まで1番花。10月上旬
  から2番花。雪に追われて屋根を外すまで採花は続きます。昨年は12月初め
  まで採花していました。

■ 今年は季咲きの採花量を減らし、7,8月採花用の新植を増やすので春の畦作りが
  多くなります。その分暑い時期の辛い畦作り、定植は減ってきますから昨年の
  ような畦作り途中でギブアップすることなく全部のハウスに定植できるかな?
  と思っています。昨年は残り1棟にして定植を諦め、その後の水管理等が充分に
  出来ず、結果秋用の開花遅延を引き起こし降雪までに取り終えない株を多く残し
  強制終了になってしまった。今年こそはそんなことにならないようにしたいと
  思っています。





  
by taka1562t | 2014-03-28 05:36 | かすみ草

棚田の郷に春の日は輝く

■ 3月26日 春の日に誘われて山都町沼の平地区(喜多方市)の福寿草祭りに
        行って来ました。まだ少し早い感じはしましたが見事な群生に
        見惚れてきました。

■ 私が会社勤めをしていた頃、たしか3名のお得意様が居たように記憶して
  いましたがお邪魔しなくなって20年程になり、記憶もかなり怪しくなっていた
  のですが、たしか今頃がお祭りのはずと思い、思い切って行って来ました。

  福寿草が楽しみなのはもちろんですがもう一つの楽しみが私にはありました。
  かつてお世話になった大塚氏御夫妻に会いたかったこと。
  会えました!!  集落の入り口にある建物前で大塚氏に会い挨拶してから
  福寿草の群生地を廻る遊歩道を散策、見事な群生でした。

  お世話になっていた頃、大塚氏のお父さんから
  『何ほどあっかわかんねィ、いっぺん見てみたらいィ、たまげんべなァ』
  そんな話は聞いていたのですが、集落手前の群生程度と思いたいして気にも
  していませんでしたが、今日遊歩道を歩いて本当にびっくりでした。

  遊歩道の途中に案内してくれるボランテァのおじさんが居て、福寿草の生態やら
  今日に至るまでの地区の方々の想い、そして今では地区から離れた場所で暮らして
  いる方々までこの福寿草によってつながっている想い。そんな方々のこの祭りに
  対する想いの深さを伺い、感激でした。

  大金を掛け、手間を掛け、ケバケバシク作った観光地? そんなものには決して
  ありえない人々の身の回りにある大切なもの(昔は自分達だけのもの、そして
  それほどの価値等感じてはいなかったかも知れないが)それを大切に守り、育み
  今、私たちに拝ませてくれる。そんな地区の方々の生き方に感動です。

■ 散策の後、集落入り口の『福寿草会館?』で昼食。昔ながらの『手打ちソバ』
  太さは七五三。(要するに太さが不揃い)
  決して上手なソバ打ちとは思えなかったが、食べてみてこれは絶品。
  私もソバ打ちはしますがこのソバの美味さには脱帽でした。
  まさに余計な講釈は要らない、ただ『うまい!』の一言に尽きるものでした。

  そこで大塚氏の奥様と遭遇。奥様は私のことは記憶に無かったようでした。
  あの可愛く、優しい声のお嫁さんも20年程の歳月の重ねの中でそれなりに
  落ち着いた雰囲気の方になっておられました。

  地区の皆様の想いの一端を聞き、懐かしい御夫妻に会うことが出来た今日は
  幸せな一日でした。






  
by taka1562t | 2014-03-26 22:04 | かすみ草

促成ハウス被覆

■ 3月25日 雪下越冬ハウスの内促成分の屋根掛けが残り2棟になりました。
        今日風が無ければ2棟被覆して予定終了となります。

■ 本来の予定では残り1棟のはずだったのですが、最後に雪が消えたハウスに野ネズミ被害
  があったのでとりあえず1棟多くしておく事にしました。管理しながらどちらのハウスを
  残すか考えるつもり。
  季咲き最終のフォレストのハウスはまだ一部に雪があり通路は水溜り状態。幸いにも
  野ネズミの被害はなさそう。このハウスは5月下旬から被覆する予定。しばらくは
  露地での管理になる。

  昨年スターマインを試作したハウスのある出戸田沢圃場は残雪50cm程。この圃場の
  6棟の内5棟は5月上旬から新植する(全てスターマイン)ので融雪が遅れても
  問題は無く、ネズミの被害があってもかまわないので雪消し作業もやらない。
  消えるに任せて新植の準備はそれからでも充分に間に合う。

■ ハウス内越冬促成分の内 みやび 482 は花芽分化が始まった模様。ただし生育に
  バラツキが大きいので開花が揃うかどうか少し不安な状態。アルタイル ベールスターは
  間もなく花芽分化になりそうな気配。いずれも昨年と比べて約10日遅れの模様。
  それでも昨年より2節程度低い段数で分化しそうなので開花はそれほど遅くは
  ならないかな? と思っています。これからの天気次第ですが。
by taka1562t | 2014-03-25 05:18 | かすみ草

雨の朝です

■ 3月21日 春分の日。あいにくの雨の朝になりました。このところ連日すっきり
        しない天気が続いています。4棟めの被覆は出来ないで足踏みして
        います。

■ 天気が悪いので仕方なく被覆が済んだハウスから古株切り戻しを始めました。
  昨年最後まで採花していた株なので芽が膨らんだものはほとんどありません。
  基部からの萌芽を待つしかありませんが、考えようでこれから気候が好転すれば
  一気に萌芽し、生育が進めば無駄な節数を作らず草丈の伸び過ぎは無いのでは?
  と、勝手に考えています。その通りになってくれれば割と開花は早まる可能性も
  あるかな? そんなことを期待しながら仕事をしています。

■ 昨日お昼前仕事が飽きてきたので、気分転換を兼ねて不法投棄監視の巡回。
  幸い投棄事案は無かったのですが、山間部の雪の多さに驚きました。前回巡回の
  時とほとんど変わっていませんでした。400mを越える辺りからは道路脇の
  雪は1mを超えています。

  間もなく来月上旬には水稲の種蒔きが始まるのに山に雪があると種蒔き後の
  低温が心配になります。自分にはほとんど関係が無いことなのですが私の周りの
  農家は水稲農家が多く、集落の事業もその日程に併せて予定が組まれています。
  融雪が遅れるとその作業日程がずれ込みその影響は田んぼを作っていない私達にも
  少なからず影響が及びます。
  

  
by taka1562t | 2014-03-21 06:14 | かすみ草

暖かさに誘われて

■ 3月17日 暖かさに誘われて雪下越冬ハウスの被覆を開始しました。
        昨日2棟、今日は除雪しながら1棟、全部ベールスターのハウス。
        明日は雨の予報なので次回に被覆するアルタイルのハウスの除雪だけ
        でも出来ればと思っています。

■ アルタイルハウスのある場所は今回被覆した所より離れていて残雪も多く、今日夕方で
  約20cm位あります。株は所々顔を出しているのでハウスの周辺を除雪するだけで
  被覆はできそうです。明後日は晴れとの予報なのでそのタイミングを逃さず仕事が
  出来ればと思っています。

  越冬ハウスの管理と平行していよいよ春の作業が始まります。今週中に被覆予定の
  ハウスは残り4棟です。

  その内容は(越冬ハウスを含む)
   
  みやび     1棟 トレイ3枚分
  482     1棟 トレイ3枚分
  ベールスター  4棟 トレイ10枚分
  アルタイル   4棟 トレイ12枚分    計28枚分(その内欠株あり)
  この分までが6月中旬までに採花予定分。

  この後(4月下旬被覆予定)
  ベールスター  1棟 トレイ3枚分
  フォレスト   2棟 トレイ6枚分
  スターマイン  1棟 トレイ2枚分
  これは6月下旬から7月上旬採花予定分。(ネズミの被害によっては追加1棟?)

  いよいよ戦闘開始になります。

■ 3月に入ってからの寒さで遅れていた生育も みやび では花芽分化の兆し? かと
  思える株が見えてきました。後何日で確認できるか ? です。
  この時期が毎年ワクワクする楽しい日々です。

■ 残雪が全体に無くなって来ると5月1日から新植するハウスの準備に入ります。
  今年は季咲きの採花を減らして7月、8月向けの採花を増やす作付けを予定して
  いるので4月の仕事は例年に無く多くなります。今まで考えてもいなかった作業の
  外部委託も必要になってくる可能性はありますが、昨年のようにお客様に迷惑を
  かけずに済むような仕事をしたいと思っています。

■ 14日の総会で新しい役員が決まりました。部会長 桑原氏 副部会長 大堀氏
  会計 佐藤氏 監査 山浦氏 椎野氏。
  私は今まで通り カスミソウ部長と言うことで残留する事になりました。
  部会長はじめ各品目のエキスパートが主要な部所に就いている上、各品目毎の
  部長もストック 前任者再任 トルコギチョウ 新井田氏 ひまわり 渡辺氏
  共に若い二人が選任されました。 役員の若返りが始まっています。

  2年後の改選では更に若返る人事になるように出来ればと思っています。









   
                      
by taka1562t | 2014-03-17 22:47 | かすみ草

部会の総会

■ 3月14日 今日午後から洋花部会の総会があります。

       先日の役員互選会で選出された役員構成が承認されれば部会の体制が
       決定されます。

■ 昨夜からかなり強く降っていた雨も今は止んでいます。これで雪もかなり沈んだのでは
  無いかと思っています。今日風が無ければハウスの被覆が出来るかも知れないなとも
  思うのですが・・・・・・ハウス周りが濡れてベタベタ状態でフィルムを広げるのも
  どうかな? せっかくの新しい屋根を泥だらけにしたくも無いし・・・・乾くまで
  待つかとも思っています。

■ 灌水用のポンプが3台中2台修理工場行き。一番古いやつが頑張っている。最近の
  物は小型で軽く取り扱いは楽なのですがとにかく故障が多い。価格が安いHセンター
  で販売しているものは使っていないのだがそれでもこの状態。
  道具は『構造が単純で壊れにくく、価格が安い物』が大好きなのだが最近の物は
  下手に改良(改悪)されていて調子が悪くなるとその原因を探るのが難しい。
  したがって事が起こるたびに修理工場行きとなる。
  『何が改良か』とボヤイテ見ても始まらない。







  
by taka1562t | 2014-03-14 05:13 | かすみ草

今年の雪はシブトイ

■ 3月13日 昨日午後、共済組合の共済部長会議出席。ついでにハウス共済の
        申込み。
        昨日の雪で喜多方地区にハウスの被害があったとの事。主にアスパラの
        ハウスらしい。組合の担当者が調査に巡回しているとの事でした。

■ もうすぐ無くなるかと思えば、また降ってくる雪にハウスの被覆を開始する気に
  なれずズルズルと日にちだけが過ぎています。おまけに冬越しハウスは連日の強風で
  バンドが切られ、その度に交換しなければなりません。昨年秋怪しいバンドは全て
  交換しておいた筈なのですがそれでも切られます。風当たりの良いところなので
  仕方が無いといえばそれまでなのですが。
  
  切られる場所はたいてい決まっているようなので今回の交換は広幅(3cm幅)の
  物に変えています。先日の風の日にハウスの中で草取りをしていましたが風が吹く
  たびに棟のパイプはまるで蛇のようにうねりました。
  お彼岸頃から桜の咲く頃まで連日のように強風に悩ませられます。今頃から被覆した
  のと4月の下旬から被覆した場合で開花はせいぜい1週間しか差は出ないのですが
  出荷の連続性を考えるとどうしても外すことが出来ず、風との格闘を覚悟の上で
  やらなければなりません。昨年はこの時期の風で屋根のフィルムが1棟見事に
  切られました。常時在庫してある資材で被覆したので事なきを得ましたが予備の
  在庫が無ければ大変でした。
  先日今年の交換分も含めて屋根が8枚、スソ用で約10棟分準備しました。
  (今年はスソを集中交換の年なのでこれでも秋用には足りなくなるかもしれない)

  先月の大雪で資材の手配が窮屈になっているらしく、私の3月末まで納品予定の
  物が2月末までに全て入荷しました。この先が心配なので受注したものは客の
  都合より物の都合で出荷しているようです。今年は特別に消費税の関係もある様
  なので入荷していれば良しとしようと思っています。
  それなりに準備は進んでいるのですが天気が心配。そんな今年の春です。







■ 
by taka1562t | 2014-03-13 05:40 | かすみ草

荒れ模様

■ 3月10日 晴れ、雪、風、吹雪、荒れた一日でした。

■ 3年前の明日、部会の総会中でした。一斉に鳴り出した携帯。『地震だ大きいぞ』
  営農部長K氏の言葉に一瞬皆何事かと唖然とした。程なく大きな揺れ。
  『外に出ろ』JA専務H氏の声。最後列にいた私はスリッパも履かず飛び出した。
  階段を下る途中左手を当てていた壁が大きな音と共に裂けた。
  あの音は今も耳に残る。


◎ 今日荒れ模様の中、冬越しハウスの草取り。何時ものことながら株元からマルチの
  中に元気に蔓延ったスギナと格闘。2棟分で1日が終る。
  
  それにしても2011年には早いものは20cm位になっていたように思うのだが
  今年は10cmにも満たない。段数は早くて8段。あと10日くらいで花芽分化に
  なるとはとても思えない。この分だと開花は予定より遅れるのではないかと心配に
  なって来た。このあと好天が続きそうとの予報もあるが大いに心配な状況。







  
by taka1562t | 2014-03-10 22:34 | かすみ草

電照を開始しました。

■ 3月6日 3月1日から開始する予定だった電照が発電機の故障で2日遅れの
       3日から開始しました。日没延長方式。
       発電機を使用してのことなので時間は正確とはいえない。燃料が
       無くなる事で消灯となる。約5時間の延長を目標にしている。
       昨年までよりは1時間ほど長くなる。

■ 昨日は雨の一日でした。今朝は雪の朝です。予報の通りでしたが以外にも雪の量は
  少なく5cmも無いほどです。風が強かったので吹き飛ばしてしまったようです。
  今日も日中雪の予報ですが大雪にはならないのかな?と思っています。

■ トンネルを設置して約2週間になりますが、生育はあまり進んでいません。
  生育のばらつきは何時もの事なのですが、全体的に遅れているように見えます。
  切戻しをわざと遅らせたことに要因はあると思うのですが、葉の展開も草丈も
  足りません。不順な天候を彼女たち自身が感じているのかと思うような気が
  しています。
  来週後半からは天気も持ち直すような予報もありますのでそれに期待するしか
  無いかなと思っています。

■ 今日午後部会の役員会が開かれます。総会に向けて提出議案の審議。そして
  26年度の部会役員の互選会も行われるものと思います。

■ 昨日夕方、発電機の燃料がなくなったので北会津のスタンドまで行ってきました。
  途中の雪は消えたところが多く、私のハウス周りから見ると随分と季節が進んだ
  ような感じがしました。たかが橋を一つ渡っただけなのですが随分と違うもの
  だなと感じました。
  そんなに広くも無い会津盆地なのですが、今年も雪の量は場所が少し違った
  だけでかなりの差がある。 盆地中央部と周辺の山添でははっきりと違っている。
  先日旧村内を巡回した時400mを超える辺りの雪の量は1mを越していた。
  200mほどの差が積雪量では驚くほど大きな差がある。これは夏の気温にも
  影響する。

  平成5年冷害で米不足が起きたとき、この400mの上と下で大きく被害の差が
  出た事を思い出す。私が住む200m地帯は平年作で標高が上るにつれ収量は
  少なくなり、400mあたりからほぼ皆無と言って良い状況だった。
  会津盆地ではこの辺りに気候の境目があるように思える。

  私はこんな気候の差を逆手にとってカスミソウを作り始めたのだが、人が住まなく
  なった山の畑には熊が出没し、カスミソウは踏み荒らされ、果てはパイプまで
  壊され山の畑での栽培は諦めた。替わりに植えたグラジオラスも踏み荒らされ
  採花は出来なくなり全て撤退して6年目になる。
  おりしも各種苗会社から現在主な栽培品種となっている系統が提供され、かつて
  不可能と言われた200m地帯での夏季通しのカスミソウ栽培が可能になった。
  その結果7ヶ月の出荷期間を確保する事ができるようになった。かつての不適地
  と言われた所が今では最適地になって来た様に思っている。ただ残念なのは
  新規の栽培者が思うように増えてこないことが悩みだった。そんな中近年30代の
  若者が1名、昨年は法人が1社参入してくれたお陰で10年前の3倍まで販売額を
  増やせた事だけが嬉しい。これからも新規の栽培者を増やして行きたいと思って
  いるのだが・・・・・・?。

  国の農政が変わろうとしている今こそが大きなチャンスの年にしたいとも思って
  いるのだが・・・・・果たしてどんなことが出来るのか? そんなことを考えて
  いる。








  
by taka1562t | 2014-03-06 04:06 | かすみ草