人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

出荷 再開

JA会津みどり カスミソウ部会 部会長 立川幸一ご夫妻の農業賞(農水大臣賞)
        受賞おめでとう御座います。


■ 8月31日 明日より出荷再開します。 とは言っても、少量の出荷になりますがこれから
        雪が降りハウスの維持が困難になる時期まで出荷は続く予定です。
        昨年は年末まで休まず出荷しました。 果たして今年はどうなるか?
        雪の降り方次第で何が起きるか? 終るまでの楽しみです。

■ 先日(28日)の目揃い会の結果。
  しばらくの間現在の切り前で進むことにしました。入れ本数を含み現在のまま出荷を
  続けさせて戴きます。 但し市場からの指示があり次第切り前が変わることもあることを
  部会員全員参加で確認しました。


■ 雨が続きハウス建てが進みません。 新圃場の水捌けが以外に良くなく手間取っています。
  雨が上がってくれる事を願うのみです。
by taka1562t | 2015-08-31 21:23 | かすみ草

息切れ 

■ 8月26日 明日の出荷は休みます。 今シーズン初めての出荷無しの日。
        3ヶ月続いた出荷を休むのは悔しいのだが採花したものが良くなく
        迷惑をかけるのは嫌なので休むことにしました。
        染カスミの注文分は大堀氏に肩代わりしてもらいました。

        前半に奔り過ぎた分のしわ寄せが来ました。 息切れです。

■ 管理を委託されている溜池の放流も今日最後の一番栓を開放して最後になりました。
  残っている水も月末にはほぼ無くなります。 計画通りの放流になりそうです。
  昨年まで何年も続いた残水処理は今年はしなくて済みそうです。
  ほぼ100%の利用率になりそう。 管理者としては最高の喜びです。
  裏を返せばそれだけ水が窮屈な年だったと言えなくも無いのですが、何にしても
  取りあえずの区切りであることには変わりません。一安心です。

■ 28日は今期3回目の目揃い会を行います。市場担当者、普及所職員の参加も
  戴きます。本格的な後半戦に向けての『切り前確認』が主になります。
 
  いよいよ夜温も下がり開花が先日までのようには進まなくなってきました。
  やっと落ち着いた採花が出来る気候になってきたような感じがします。
  その分、箱数がまとまらずタイトな量の出荷が続きそうな感じもして
  心配な状況です。
  お彼岸前に向けて量が増えてくれる事を祈るのみです。









 
by taka1562t | 2015-08-26 20:53 | かすみ草

2番花仕立て作業中

■ 8月19日 先日から始めた2番花の仕立て作業。 今日まで4棟終了。
        採花同時仕立て中のハウス3棟。 明日からの仕立て予定4棟。
        22日で仕立てのための作業は終了予定。例年より1週間早く終了に
        なりそう。

■ 21日は新しい圃場取得の為、農業委員会斡旋会に出席。取得が決まる予定。
  18日はその為の準備で関係役所周りで半日が費やされてしまった。
  もったいない時間だが制度がある以上仕方無しと諦める。

  
■ 明日の出荷は5ケース(エルフのみ) 淋しい限りの量なのだがしばらくは身体を
  休めながらハウスの移動作業をするのには最適の時間になりそう。
  こんなペースの出荷がしばらくは続きそう。
  もっとも例年のお彼岸前までの出荷量はすでに終了しているので、無理も無く、
  その後の出荷量のことでも心配していた方が良いのかと思い、今朝これからの
  ハウスの虫退治。 防除機の調子が悪くだましながらの作業。
  帰り足にJAの農機センターに修理を依頼。 また余計な出費になりそう。

■ 28日は後半に向けての目揃い会。市場担当者の出席を御願いしてある。
  今年3度目になる目揃い会だが私としてはもう一回位したいような気もする。
  10月中旬、初冬に向けての目揃いも必要なのかなとも思う。
  様子を見ながら考えたいと思う。













  
by taka1562t | 2015-08-19 21:06 | かすみ草

静かなお盆でした

■ 8月17日 弟家族も今年は帰省せず、静かなお盆でした。
        唯一、叔母ひとり15日来宅、夕方まで妹と話しこんでいたようです。
        母の姉妹で一人だけになった叔母も最近思い出したように、急に我が家に
        やってきます。決まって言うのが『やっぱり実家はいいなァ』です。
        歳を重ねて何となく里恋しい頃になってきたようです。
        優しく面倒を見てくれる息子夫婦と暮らしていて何も不自由のない生活
        なのにと思うのですが、やっぱり毎朝拝みながら育った仏壇のある我が家が
        叔母にとっては何時までも変わらない『生家』なのかなと思います。

■ 16日出荷作業終了後昨日の遣り残しの仕事を片付け、午後からは完全休業。
  夕方6時から近所の温泉での同級会に参加。還暦同級会から5年目になった。
  前回よりはやや少ない参加だったが前回参加できなかった方の顔もあり
  賑やかに懇親会は過ぎ、瞬く間に3時間の会はお開きになった。
  次回は2年後くらいが良いか? そんな声が聞こえていた。
  私たちも何となく『人恋しい歳』に近付いているのかなとも思う。
by taka1562t | 2015-08-17 05:13 | かすみ草

バトンタッチ

■ 8月15日 終戦の日(敗戦の日) 日が短くなり4時になっても外は暗い。
        やっと先日まで車に乗っていた時間だったような気がするが確実に
        季節は進んでいる。
        
■ 昨年から見て約1ヶ月速いペースで進んだ出荷のお陰で逆に遅れていた仕事が
  ようやく仕事を追いかけるペースに移りつつある。
  今日から2番花のための株整理、立上げ作業に掛かることが出来そう。
  例年なら20日過ぎに始めていた仕事だが今年は秋の気候が気になるので少し
  早めに開始する。

■ 先週末から減少傾向だった4人の出荷が16日の出荷でお休みに入りそうです。
  (私もその中の一人)
  但し、前回出荷から比較的まとまった出荷量の2名(1名 1社)の出荷が
  増えて来ています。したがって部会全体の出荷量はほぼ横ばいからやや増の
  感じで推移できそうです。
  
  今回出荷が少なくなった会員他も含め9月上旬からはまた再開し、それ以降は
  全員体制の出荷になります。その後は安定した量の出荷が最終まで続きそうな
  気配がします。

■ 暑い夏の中でも部会員の頑張りで私以外の生育は順調に経過しているようです。
  後半戦の出荷が楽しみな状況です。一部に草丈不足も見受けられますがそれは
  例年の事なので、想定の範囲と言って良いと思います。
  全員で秀品の出荷ができることを祈りながら後半戦に突入。そんな感じです。
by taka1562t | 2015-08-15 04:41 | かすみ草

出荷量減少へ

■ 8月11日 本日の出荷量17ケース (ダンボール エルフ混み)にまで減少した。
        次回はさらに減る見込み。
        後を追うはずの部会員の出荷再開が待望される。 そんな今日。

■ 夕方会員の圃場巡回を開始。もうすぐ咲き始めるハウス。虫退治中のハウス。
  現状は様々。但し各人の思っていたよりは早めに出荷が始まりそうな気配。
  何とか切れ目の無い出荷になってくれることを祈るのみ。

  6月から続いて来た染カスミソウ(2Lサイズ)は継続が困難になりそうなので
  発注元市場に現状説明と納品困難な事情を伝え対策を講じていただくよう
  JA担当者に昨日指示した。 しばらくは休業(染カスミソウのみ)させて頂く。
  無理を承知の仕事でご迷惑をかけるのを防ぎたい為。

■ これから1ヶ月ほど少量出荷の日が続く見込み。その間に遅れていた仕事を
  やってしまおうと思っている。
  明日は早朝より山の仕事。手伝ってくれている友人と二人での草刈作業。
  明日で何とか終わりにしたいと思っているが果たして?

■ 今日は姪(ケイコ)の一周忌法要をしました。身内のみの簡素な法要でしたが
  旦那寺住職、大沢師の読経供養を戴きました。

  夜、一人仕事をしている時、何となくケイコが後ろで見ているような気がして
  振り返ることがしばしばあります。 もちろん私の気のせいなのですが
  私にとってケイコが居なくなった事が現実では判っているのですが気持ちの上では
  まだ本当には理解できていないようです。 気難しい面のある姪でしたが
  笑った顔の可愛い、そして周りに気遣いのある良い娘でした。
  ケイコが最後まで使っていたハサミは私の作業台の壁に取り付けてあります。
  選別に厳しかったケイコの気持ちを忘れないように、自分への戒めの象徴として
  何時までもそこに置いておきたいと思っています。









  
by taka1562t | 2015-08-11 21:20 | かすみ草

秋の風は南から ?

■ 8月8日 日中は廻りっぱなしのエアコンが夕方急におとなしくなった。
       外に出てみると風の向きが変わっていた。日中西から吹いていた風が
       南の風に変わっていた。 しかもさわやかな風。
       明らかに昨日までとは違っている。
       仕事場で梱包作業をしながらエアコンのスイッチを切った。
       コオロギの声が聞こえてきても良さそうな夕方でした。

■ 夜になっても気温が下らず、明朝の採花に恐怖を感じていた昨日までとは明らかに
  違う今の気温と風。 一日にしてこんなに変わるものかと思ってしまう。

  昨日早朝から幼馴染の友と山の道路と溜池の草刈に行き、仕事の合間に日陰に入ると
  何となくひんやりとした風を感じ、『風が変わったな』そんな話をしたばかり
  だった。 そして今日、盆地にもその風が降りてきたような感じがする。

■ 昨日午前中、市場の担当者K氏と気候と切り前の話をしたばかり。 気候の変化と
  仕事をいかに敏感にリンクさせていくか。 そしてお店のニーズにどう対応して
  行くか。 まさに産地の力が試される環境の中で仕事をして行かなくてはならない
  そんな時代になっているのかも知れないと思う。

  そんな中で私たち生産の現場にいる者としてどのような研究、努力が必要と
  されるのか? 試練の時代に入っているのかも知れないと思うのは考えすぎか?

■ 何だかんだ言いながら、注文を戴いていた分の納品に向って頑張ってきていた
  ここ数日の仕事。 明日の出荷分の2Sサイズは完納出来そうだが、2Lサイズが
  少し心配な状況。 特に我が家の場合Lサイズの量が多すぎる。
  2Lサイズの倍量のLサイズが出ている。それも僅かに2~3センチ足りず
  規格下げのパターンが多い。したがってLサイズも入れ本数は2Lサイズと同じ
  しか入らず、スリーブがパンパンの状態。心配していた事が現実になった。
  これも管理が充分に出来なかったことの結果。全ての原因は我が身にある。
  悔しいけれど言い訳は出来ない。 

■ 旧盆までは何となく量、品質ともに確保できそうだが、旧盆明けが心配。
  明らかに我が家は旧盆明けから量が減少する。
  但し盆明けから出荷になる部会員もあり、部会全体としては大きな減は無く進んで
  くれる事を願っている。そんな状況。

  盆前注文の納品が一段落したら部会員の圃場状況を見て廻り今後の展開の参考に
  したいと思っている。自分の目で見て大まかな感覚を掴まないと安心できない。
  そんな貧乏性は一生直らないのかも知れないと思う。今更ながら。
by taka1562t | 2015-08-08 20:57 | かすみ草