人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お世話になりました

■ 3月31日 29~30日と2日でお世話になっている4市場を訪問。
        合併に伴いJA名が変わったこと、新年度の部会役員改選後の
        挨拶。(役員全員留任ですが)
        現在の販売状況、今後の部会出荷予定の説明、情報の交換等々、多くの
        内容を抱えての訪問になり、各市場様には年度末のご多忙中の折、
        時間を裂き対応戴きました事、厚く御礼申し上げます。
        お世話になりました。

■ 2日間留守にし、ハウスの管理を妹に任せていて今朝ハウスのカスミソウを見ると
  何となく大人になっているような感じがしました。
  28日には確認できなかった頂点に蕾を抱いている茎が数本あったこと。
   (アルタイル)
 
  生育が進んでいたWRは完全に抱蕾と確認できる株が思ったよりも多くなって
  いました。留守にしていた2日間の天気のお陰で思ったよりも進んでいたようです。
  予想通り5日~10日の間に発蕾が見られるかもしれません。楽しみです。



■ 今日は先日事故で亡くなったK、S君の葬儀に出席。
  彼は私と同じ集落のしかも隣家に生まれ私の弟と同い年であった事もあり、
  今回の事故で急逝したことは私にとってもただ事では無く、悔しくまた
  残念でなりません。老いた母親が気丈に振舞っていた事がかえって私には
  辛かった。
  彼の成仏を祈ると同時に今後彼の母親の気持ちの支えに多少なりとも役立つ
  ことが出来ればと思った会葬でした。

  生まれた集落で育ち、それぞれの家を継いで来た一代目はすでに無く、
  二代目で残ったのはついに私一人になった。昔の集落の事を伝え、且つ
  守ってきた諸々を伝え渡していくには残った若者たちと私とでは余りに歳が
  離れ、話も見え難くなって来ている。
  ひとつの集落が無くなり、それぞれが現住の地域に溶け合い、馴染んだことを
  良しとすべきなのだろうが同時に淋しさも感ずる。










         
        
        
by taka1562t | 2016-03-31 21:49 | かすみ草

品種特性

■ 3月24日 昨日は風が強く寒い一日。  
         朝のうちに前日残ってしまった切戻しを1時間ほどやってハウスに入り
         切り戻しておいた株(ロゼット状態で雪下冬越し株)を再切戻し。
         前回の切戻しでは余りにも芽数が多く(しかも冬芽)このまま育てる
         には問題があると判断し2度目の仕事になった。

■ 昨年のハウス移動に伴う作業の遅れで今まで経験した事のない春先の仕事が出てきて
  いる。それに伴い今までやりたくても出来なかったことも経験できる。
  頭を悩ませることだらけだがここから何か新しい発見が出来たらと楽しみでもある。

  そんな中で試作用のハウスに植えてある4系統の生育は見ていて面白い。
  各品種ごとの生育に大きな差がありそれぞれの特徴を出してきている。

  以前、何年も挑戦して上手く行かず栽培を諦めていたWRの促成が自分で希望していた
  姿に偶然にも近付いている事。何回か挑戦して草丈の伸びすぎに懲りて諦めていたのだが
  今回の手法を使えばもしかして上手く行くかも知れないと思える生育になっている。
  今年の春一番の楽しみ。

  その花の美しさと早生であることに魅力を感じ1月末に定植した F24株は植えてから
  約一ヶ月眠ったままでほとんど草丈は伸びず葉の段数が3段増えただけだったので痺れを
  切らし3月4日?ピンチ。現在おびただしい芽数が出てきている。但し余りに小さく
  芽整理もできない状態。これからどの位経過したら芽整理が出来るか?
  そしてそれからの生育がどう経過していくのか楽しみ。

  Fの定植に併せて堀上株を移植したMとSMは予想した感じの生育状態。
  Mは現在10段から13段葉の展開中草丈20から30cm弱。今回も花芽分化の
  確認は出来なかったが、もしかするとあの時がそうだったのかもしれないと思う現象が
  あった。16段から20段で仕上がって開花に至ればそれがひとつの目安になるかも
  知れないと思っている。果たしてどうか?

  SMは現在8段程度。草丈15cm位が中心。まだ花芽分化は確認できていない。
  発芽数は10本程度。(多く出た株は一度整理してある)近日中に再度整理して
  やろうと思っている。

  4系統がそれぞれの特性を見せながら生育していくのを毎日見ていることは私には
  楽しみであり、今後の作付け品種構成に役立ってくれることを期待している。

■ 今シーズンの出荷一番手を狙っているアルタイルは何時もの我が家の例の通り
  生育はバラバラ。おまけに花芽分化の確認も出来なかった。したがって何時の開花に
  なりそうなのかも読めない状態。草姿だけでは判断できず発雷を見るまでは全く
  先が読めない。しばらくはニラメッコが続きそうな日々。

■ 過去に経験の無い気候。やったことが無い時期はずれの定植、初めて導入した電照器具。
  今までの経験も常識も全て役には立たずまさに闇の中を歩くような状態の毎日は
  多少の不安と楽しみも多い。どきどき、ワクワクの毎日でもある。








   
by taka1562t | 2016-03-24 06:59 | かすみ草

予定変更

■ 3月23日 雪下越冬株の芽吹きが何となく弱弱しく頼りない株が多い。
        当初の計画通りには生育が進まない可能性がありそう。
        6月下旬開花予定のMDまで同じような状態。
        仕方なく予定外のⅤSを1棟備えのために切戻し手入れを
        開始した。(これも何となく弱そうな気もする)
        すでにハウスを被覆し切り戻し済みのVSも芽に力が感じられなく
        電照する予定を変更し別のALの株に電照を開始した。

■ 原因を様々考えてみる。
  思い当たるのは昨秋遅くまで2番花を採っていたことが原因かも知れないと
  言うこと。通常通り採花を止め被覆を外し寒さに当てておけばもう少し良い芽が
  出来ていたのかも知れないが今となってはどうする事も出来ない。
  過去に同じようなパターンで2番花を採り、春に切り戻した場合でも
  こんなに弱い芽でスタートした経験が無く、原因は他にもありそうだが
  まったく思いつかない。
  とりあえず予定以外のハウスの株も手入れをしながら観察して計画に少しでも
  近い生育をしそうな株を残し、他は淘汰する事で採花予定株数を確保する
  作戦で進むしかなくなったようです。
  このことで出荷時期、品種に多少の移動はあったとしても計画した出荷量は
  確保したいと思っています。

■ 昨夜は先日高校入試に合格した孫のお祝いと私の誕生日を兼ねて会食。
  廻りも本人もかなり難しい事を覚悟の受験だったので、結果を聞いても
  『本当に? 何かの間違いでは? 』との感じが否めず、昨夜本人と
  会い、入学の手続きが済んだことを聞いてやっと確信に至りました。
  これからがまた大変なのだろうと心配は尽きないわけですがとりあえず
  良かったと喜びたい。

  頑張って難関を突破した孫に負けないよう自分の仕事を勤めて行きたいと
  思う。
by taka1562t | 2016-03-23 04:37 | かすみ草

ようやく

■ 3月19日 芽の動きが緩慢だった雪下越冬株に我慢が出来なくなり、内張り用の
        トンネルを設置してやった。折からの高温晴天に恵まれようやく芽が
        動き出したように感じられる。ついでに温水チューブも設置した。
        そんな効果かどうかは不明だがとりあえず一安心と言ったところ。

■ ハウスに細工をすればするほど管理が面倒になってくる。自分が在宅のときは別に問題も
  無いのだが、上京等で留守になるときの管理に不安は残る。
  お彼岸明けから友人にハウスに来てもらい私が留守の時のハウス管理の要点を説明し
  委託するしかなくなってきた。
  
   先日彼の家を訪問し、今年も様々な仕事を依頼する旨、御願いしてきておいた。
  『何時でも』と快諾してくれた彼を頼りにしての仕事になりそうな感じ。
  有難い限り。

■ 『不思議な娘』
   6月中下旬に開花してくれればと思い先日被覆し、一昨日に切戻したばかりの
   M5911は今日夕方にはもう芽が動いているのが判る。さずがに同じ日の夕方
   切り戻した露地の分は動いているようには感じられないがハウス内の分は明らかに
   動いているように感じる。他の系統には見られない現象。これで開花が早ければ
   すごい事になるのだが、昨年はそうはならなかった。これからの経過が楽しみ。
   今日、少しでも効果があればと思い温水チューブを設置してやった。
   この後、『電照』してやろうかどうか? 思案中。

   発電機の能力に限りがあるので、部分的な電照でもしてみたい気もしている。










    
by taka1562t | 2016-03-19 22:09 | かすみ草

しばらくぶりに

■ 3月16日 しばらくぶりにJAの売り立て速報を見る。
        春物のストックの出荷が続いている。相場も良い感じなのかな?
        作っていない私には判らないが部会員が満足できる相場であって
        くれれば良いなと思う。彼岸も間近になり最後の追い込みか?
        健闘を祈りたいと思う。

■ 雪が少なかったとは言えこの時期の出荷までには私など判らない苦労が
  あったろうと思う。ストック部会員の努力に敬意を表したい。
  良い結果であることを祈りたい。







        
by taka1562t | 2016-03-16 04:38 | 日々の記録

切戻し

■ 3月16日 雪下越冬株の切戻しを被覆した順にやっています。昨日までに
        5棟終了。今日1棟切り戻せば6月中旬予定分まで終了。
        6月下旬分の4棟はこれから露地で切戻し。
        暖かい日を狙って切り戻す予定。
        今のところ野ネズミの食害も少なく、また心配した凍結枯死の
        株も無く一安心と言った所。

■ 切戻しを終了したハウスの新芽の動きが予想外に遅い。一番早く切り戻した
  株は2週間目になるのだが新芽の膨らみが緩慢な状態。例年のような勢いが
  感じられない。暦の上では季節が進んでいても実際の環境はそんなに進んで
  いないのかも知れないと感じている。
  これからの管理で何とか目標の時期に開花させられるようにしたいものだと
  思っている。
  現在のペースで進んでしまうとハウス内越冬株との開花がつながらなくなる
  恐れがあるような気がする。

■ 昨日、ハウス内越冬株の枝欠きをしていて トンボを見つけた。捕まえようと
  すると弱弱しい飛び方で逃げていってしまった。それにしてもトンボの羽化には
  早すぎるような気もする。成虫で越冬したのかどうか? 不明。

  もしトンボが成虫で越冬できたとすれば、嫌な害虫軍団の越冬も多いのでは
  ないか? 過去に例が無く雪が少なかったこの冬の事。今まで無かったことが
  起きたとしても不思議ではない。これからの管理の中で注意して観察して
  行かなければならないと思っている。手始めにハウス内に残っている雑草退治
  と株もとの粒剤処理からやっている。マルチの下などで生き残っているナメクジの
  数は異常に多く感じるし、草取りをしているとヨトウムシ?が今までに無く
  見つかる。新しい圃場のせいもあるのかもしれないが過去にこんな経験も無い。
  何となく不気味な春の始まりではある。
  注意深い観察と管理が必要な年になりそうな気がしている。








                                 
by taka1562t | 2016-03-16 03:48 | かすみ草

洋花部会総会終了

■ 3月11日 大震災から5年。被災された方々に改めてお見舞い申し
         上げます。

■ 5年前と同じ日時に洋花部会の総会が開催されました。
  提案された議案は特に異論無く全て決定されました。
  部会役員も前期同様の顔ぶれで承認されました。

  総会の中ほど、会津坂下町役場から発せられたサイレンに合わせ出席者全員で
  黙祷を捧げました。

  総会の冒頭、部会長の挨拶の中でも震災の時のことが触れられ、さらに復興の
  一助になるためにも部会員が心を合わせ日頃の生産、出荷に頑張って
  行こうと言う言葉がありました。

■ JAも合併し『会津よつば』なり、これからは新しい呼称での出荷販売に
  なるわけですが、まだ日も浅いせいでしょうか耳に馴染まないというのが
  正直なところです。新しいJA名に自分達も馴染み、お客様にも
  憶えて頂くまでには多少時間は掛かることと思いますが、市場訪問等を
  繰り返す中でご理解戴ける様にと思っています。
  月末からそのための活動が開始されます。

■ 今年も挑戦している早期出荷に向けての試作の内 WRが花芽分化を
  始めました。10段から12段での分化になりました。
  花芽分化後の展開葉は2段になり4月上旬に発雷、5月中旬には開花に
  なりそうな気配です。
  
  但し試作なので株数が少なく出荷することは出来ませんが何とか
  母の日に仏壇に供えることくらいは出来そうな感じで見ています。
  そんなことでもまたひとつ来年に向けての楽しみが出来てきました。
  今年の出荷が始らないうちから来年を楽しんでいる事に自分のことながら
  おかしくも思いますが、何時もの事とひとりで楽しんでいます。










  
by taka1562t | 2016-03-11 22:07 | かすみ草

最後の役員会

■ 3月3日 今日『会津みどり 洋花部会』最後の役員会。
       11日は最後の総会になる。その日は『あの日』大震災のあった日。
       まさにあの日、あの時間、総会の最中だった。
       忘れてはならない日。

■ 今日の役員会は淡々と進み、新年度の役員構成も従来通りに内定した。
  総会の承認を得て決定する事になる。特に異論は無いものと勝手に思っている。
  今月末にはお世話になっている各市場を訪問し今年度の出荷計画等の案内、並びに
  今後の部会について説明、さらに仲卸店様等々への挨拶周りになりそう。
  

■ この春に淋しい事ひとつ
  私たちのカスミソウを大切に販売し、厳しく指導もしてくれた市場担当者K氏の
  退職。『筆舌尽くし難し』
  但し、彼は次のステップに進む為のお別れ。今後の活躍に期待したい。
  そして彼が私たちに残して行ってくれたものを大切にし、私たちも更なる高みを
  目指すべく努力したいものだと思う。

  今日、お店の方から電話を戴いた。やはりK氏との別れを惜しむ話だった。
  そんなお店こそ彼が作ってくれた私たちの財産だと思っている。
  これからも大切にお付き合いさせて戴きたいものだと思っている。

■ 先日被覆した雪下越冬株の切戻しを昨日で終了。明日から蒸し込みに入る。
  良いタイミングで天候も回復し気温上昇の予報が出ている。
  温水チューブ、トンネル、電照(夕日延長方式)の組み合わせで出来る限りの
  管理をしてみたいと思う。但し結果はいつもの通り ? ですが。
  そんな事をひとつの楽しみにして今年も仕事を進めたいと思っている。
  とにかくカスミソウとの付き合いは毎年私に新しい楽しみを与えてくれる。
  明朝、風が無ければ2棟目を被覆する予定。
  
  今月末で私も『高齢者』と呼ばれる歳になるそうだが、『昭和26歳』は
  最低でも10年は高齢者と呼ばれたくは無いと思っている。
  つまらない私のこだわりかも知れないが自分では多いにこだわって生きたい
  と思っている。











 
by taka1562t | 2016-03-03 21:33 | かすみ草