人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

■ 4月28日 昨日、27日部会の圃場巡回を全員参加で実施しました。
        JAから各支店担当者、普及所佐藤先生の参加を戴きました。
        複数名での参加もあり部会員の約2倍の大人数での巡回になりました。

■ 恒例になっているとは言え参加者の顔には今まで以上の真剣さが感じられ
  これからの仕事に対する意気込みが伝わってくるのを感じました。
  各自の圃場を見て生育の状況、これからの管理に対して忌憚の無い意見もあり
  また佐藤先生からはこれから発生が予想される害虫の防除について資料を基に
  ご指導を戴きました。

  生育の概要(各自の一番早い出荷になりそうな圃場を重点的に見ました)
  出荷開始時期及び品種
  5月第3週頃から  プチパール ホワイトロード(少量)
  5月第4週末頃から アルタイル ベールスター開始
  6月第2週頃から  ほぼ全員出荷開始? 6月19日 26日の出荷が
            今期季咲きのピークになりそう。(各日曜日)
            今後の天気次第では12日(日)に一番目の山が
            来そうな感じもする。そうなってくれる事を期待
            しているが、果たして?

■ 雪が少なく高温日があった割には生育は例年通りのように見える。
  但し思ったよりネズミの被害や害虫、病害も無く相対的に順調な生育に
  感じられ出荷量は昨年を上回りそうに思える。
  6月末の仕上がりがどのくらいになるか楽しみです。

■ 我が家の娘達のスタートはホワイトロードから。但し試験用のハウスにある
  少ない株数であるため出荷可能な数は極少量。
  2番手はアルタイルの促成分から(5月4週頃)
  今までどんな事をしてもアルタイルを5月に出荷することは出来なかったが
  今年はようやくそれが叶えそうな感じになっています。

■ 今年の促成は昨年のハウス移動の都合もあり少ない量でのスタートになります。
  但し少ない量だった事もあり、管理の中で細かい観察ができたことは良かった
  ように思います。来期に向けてやってみたい事、可能性がありそうなこと
  また以前からやっていたことの効果の確認等々。
  さらにまた新しい課題が見つかったような気がします。
  今年の出荷も始らないうちから来期の楽しみを与えてくれる『我が家の娘達』
  との付き合いは楽しく、好奇心いっぱいでいる自分の今を幸せに思っています。












   
  
  
by taka1562t | 2016-04-28 04:43 | かすみ草

桜とカスミソウ

■ 4月13日 ピーク時から13kgも痩せたお陰で着られる服が無くなり先日思い切って
        まとめて処分した。お陰で着る服が無くなり今日買いに行ってきた。
        さすがに自分の眼では選ぶ自身が無くパートナーに付き合ってもらい
        専門店を巡り何とか自分の好みと価格の折り合いのつくものを選んでもらい
        購入。ついでにセットで半額の靴も購入。何とか予算内で収まる。
        自分の事に成ると途端に面倒くさくなる自分をリードしてくれる人が
        あることに感謝。
        服の引き取りは18日以降とのことで彼女にお任せ。

■ 出掛けたついでにお城の花を見ようと言う事になって、車でお城の中を通過。
  時間があれば歩きたかったのだがそれは次回(来年?)のお楽しみにしてお昼を食べ
  帰宅。
  この花を見ながら歩いた。そして飲んだ。歌った。騒いだ。気が付くと周りにいた
  多くの花見客が疎らになり、慌てて後始末をして帰った頃の事が思い出された。
  あの頃はみんな元気だった。あの時の顔はすでに還暦を過ぎてしまっている。

■ お城の桜が満開になった後、それから一月が我が家のカスミソウの開花の時期になる。
  今まで様々な品種で自分の出来る限りの管理をして来てどうしても越す事が
  出来なかったこの開花時期を今年こそは越したいと思ってやっているが果たして
  今年はどうなるか? 
  頑張って管理してきたつもりなのだが桜も例年よりは早くなっているようなので
  やっぱり越すことは出来ないのか? 後一月で結果が出る。
  想えば、桜もカスミソウも『同じ花』 何かお約束でもあるのか? などと思って
  しまう。考えすぎか?

  兎にも角にも過去の例だとそんな事で毎年の春が進んできた。その例に倣えば
  今年の開花は5月15日辺り? それも少ない株数のWRのみ。(自宅観賞用程度)
  出荷用にまとまりそうなアルタイルはその2週間後。(これも過去の例による)
  先日の予想通りになりそう。

  桜とカスミソウまったく関係が無いようで常にその開花時期の間隔は一定だった。
  それを打ち破らなければ私の促成栽培は完結しない。それが目標。
  その為にどんな事が必要か? また一年考えながらの仕事になりそうな気配。








 
by taka1562t | 2016-04-13 21:25 | かすみ草

雪の朝

■ 4月12日 外に置いた車の上は昨日の雪が残っています。
        昨日午前中妹宅の水稲の種蒔き。朝は少し寒かったが苗箱を
        ハウスに並べる頃には陽も差し、暑くて汗だくの作業になりました。
        
        午後カスミソウのハウスに入り枝欠きをしていると3時頃から急に
        寒くなり冬装備に替えても我慢が出来ず、一重のハウスから
        内張りのあるハウスに引越し。冬装備での作業にちょうど良い環境。
        5時過ぎ、手元が見え難くなったので外に出てみると雪。
        屋根に積もった雪が原因でハウス内が暗くなり手元を見えなく
        していたようだ。そんな事で作業は無理と諦めて6時過ぎ帰宅。
         (普段より1時間ほど早い終業)

■ 先日から取りかかっていた妹宅のサクランボハウスは11日でほぼ終了。
  残りは妻面のビニペットを取りつけその外必要ヶ所に補強パイプを取りつければ
  骨組みは完成になる。あと半日くらい? か。
  私が今までやったハウスの中では最大の難関だった。

■ 今日は昨日寒さで中断したハウスの枝欠き作業。今日、明日で終りたいと思う。
  同時にネットを張っていない一棟にネット張り。(これも花芽分化中)
  
  朝風の無い日は6月下旬開花向けのハウス被覆。(今週中にやりたい)
  同時に今月末定植予定のハウス3棟の準備。(被覆、耕運、ベット作り)

■ 15日からは様々な用事が入っている。
  15日は部会役員会。
  17日、24日は集落の共同作業。
  22日はFP市場で開催される勉強会のため上京。
  28日は高校時代の同窓会。
  
  他に日程は未定だが私が管理している溜池の水量検分。(宮川土地改良区)
   (貯水量の確認と漏水等安全面、施設関係の点検等)
  これは例年だと早くても4月29日の仕事だったのだが今年は融雪が早く
  早めに実施する事になった。先日(9日)仮点検の為溜池まで行ってきた。
  この時期溜池まで車で行くことは考えられないのだが今年は1ヶ月早く行けた。
  前代未聞。後にも先にもこんなことは無いだろう。
  
  溜池の場所は標高670m。昭和村に負けないくらいの豪雪地帯。
  私はこの近くで生まれ育った。
  私が使っている『高尾峰農園』はこの溜池に接する高尾峰と言う山の名前。
  カスミソウの栽培はこの溜池から100m位上の畑で始めたのが最初。
  それが高尾峰農園の始まりです。
  10年ほど前から熊に畑を荒らされ、収穫皆無になることがありそこを撤退。
  多くの方々の助けを戴き現在の地に落ち着いた。流浪の花作りももう動く事は
  無いだろうと思う。


















  
by taka1562t | 2016-04-12 05:45 | かすみ草

縦と横

■ 4月9日 縦の糸は貴方、横の糸は私・・・・・・そんな歌詞が想い出される・
       縦の糸は先祖から続く歴史。横の糸は今日、今を生きる私。
       そして重なる糸は未来。杼に引かれ糸間を行き来する横糸は
       その端の止まりに少しだけの出入りが生まれることがある。
       
       走りの勢い、力が僅かに変化する事で微妙に変わってくる。
       今日一日の動きと昨日、そして明日の働きは必ずしも一定ではなく
       そこにこそ生きていく日々の変化があり“味”が生まれるような
       気がする。
       平穏に過ぎる日があり、思いもよらないことが飛び込んでくる日が
       あり、まさに日々変化してく周囲と変わっていく自分の思い。
       気まぐれ者の私にはそんな日が多い。
       そんな変化の中で過ぎ行く日々を精一杯楽しんでいこうと思う。

■ 先日から妹宅のサクランボの木に雨避けのハウスを建てている。(今日で3日目)
  サクランボの木は40年位になっているとのこと。四方に枝を伸ばし、
  建てようとするハウスの中には納まりきれない有様。はみ出す枝を切除しながら
  の作業になりなかなか上手く進まなかったが今日夕方には完成時の姿がようやく
  想像できるようになってきた。明日で骨組みはほぼ完成できるだろうと思う。

  ここでも 縦と横 加えて木の枝の隙間を縫うようにパイプを通し、且つ
  高さを合わせるのに一苦労。 おそらく今まで私が手掛けたハウスの中で一番
  苦労するハウスになりそう。何とか明日には終らせたいと思っている。

■ 妹宅のハウス作業の間に、蒸し込み中のベールスターが元気に伸び始めた。
  『早くネットを張ってくれ』そんな声が聞こえて来そう。
  一棟だけなので始れば短時間の作業なのだが・・・。ハウスが終るまで待って
  もらうしかない。

■ 促成のWR、ALに続き雪下越冬株のALも花芽分化を始めた。(電照中)
  そこに上記のVS、SMも間もなく花芽分化になりそうな気配。
  例年より約1週間早くなっているように感じる。
  このまま進めば6月中旬にピークを迎えそうな感じになりそう。
  その後の開花分はまだ露地状態。近日中に被覆しないと出荷が途切れるような
  事に成りかねず、残ったハウスの被覆も急がなければ成らなくなって来ている。
  他にやることもあり忙しい来週になりそう。(残りハウス4棟 約千二百株)
   (冬越し及び被覆済み8棟 約2千株強)野ネズミの被害等を除く。
  昨年の季咲き採花株とほぼ同量になりそう。
by taka1562t | 2016-04-09 22:47

発蕾

■ 4月6日 発蕾と言うには気が早いかもしれないが今日夕方の状態を見ると
       はっきりと蕾が確認できる。まだ葉に包まれてはいるが間もなく
       蕾だけの頂点になりそう。ほぼ予見通りの日程。
        (但しWRのみ)

■ アルタイルはハイパワー電照区(300w約4時間)のみ発蕾間近になっている。
  LED、60w白熱球区は抱蕾を確認できるのがやっとの状態。
   (60w白熱球区は少量の本数、LED区はそれよりは進んでいる)
  電照機材の違いによる効果の差が出てきているように見える。
  これからの生育、開花に至るまでの経過を見ないと確たることは言えないが
  機材の選択は重要な要素になりそう。
   (LEDは25wハイパワー 私にとってかなり高価な物。しかも繊細)

  先駆的な研究をしてこられた方々には極当たり前のことかも知れないのだが
  こんな事さえも実際に自分でやってみないと納得できない自分の現実を
  思い知らされる毎日です。それでもノロノロでも進んでいるかも知れない
  自分の毎日が貴重でもあり、楽しさも感じられる。
  そんな自分を幸せ者だと思っている毎日です。
  

■ 無駄かも知れないことでも『やってみること』で何かが見えてくる。そんな
  繰り返しを多いに楽しんで行きたい。
  それを自分で出来る毎日が生きがいでもある。











 
by taka1562t | 2016-04-06 21:52 | かすみ草