人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

次年度への提案

■ 10月31日 10月も今日が最終販売日になった。
          品薄の影響で思いのほかの販売額になっている。
          出荷量も計画を超えている。個人的にはひとまず良い月
          だったと思う。
          但し部会全体の量が足りなかったことが反省しなければ
          ならない大きな問題。

■ 今期の個人毎の課題に対し次年度に向けての対策が始っている。
  圃場周辺環境の改善  (排水対策等)
  ハウス内土壌改良   (病害発生圃場の消毒)
  病害枯死株の処理   (抜き取り圃場外で処理)

  今期の反省から次への対策に取りかかる生産者の行動に『諦めない』頼もしさを
  感じる。

■ 私の反省。そして提案。
  ハウス内の防虫対策と水管理を楽にしたいと思い『屋根なし、スソネット張り』
  の方法で生育初期の管理を試してみた。
  虫害対策の防除は他のハウスの倍の回数も行ったにも関わらず
  オオタバコガ、スリップス、カメムシ等? の被害を受け全滅した。
  仕方なく茎の中間切戻しを行い『枝採り専用ハウス』に切り替え何とか
  採花にまでもって行くことは出来たがその手間と廃棄品が大量に発生した。
  幸い2S品の需要が多かったので助けられたが2度としたく無い仕事になった。

  来年度に向けて。
  ハウスの全面ネット張りを試してみたいと思っている。
  全面ネットで防虫。ネット通過の雨水頼りの潅水軽減。強風時の倒伏軽減。
  ハウス本体の風害対策。(フイルムを張った場合よりは風害が少ない?)
  更にスソにネットを張った場合強い横風を受けない分茎の伸長が素直に
  なりはしないか? (草丈が採りやすくなる?) 等々。
  当たり前だが開花前にはフィルムによる被覆は行う。
  ネットに被せて二重張りとし、2番花仕立て生育時はフィルムを外し元に
  戻し、気温低下等に併せて再度フィルム張りとする。
  これで強風、強雨、虫害が防げれば管理は楽になるかな? と思っている。

  心配な点。
  晴天無風時、ハウス内の空気の『よどみ』による気温上昇に問題は無いか?
  
  私が今の時点で考えられる事、思うことはこの位だがやってみなければ
  判らないことなので、今まで問題を起こしてきたハウス5棟だけでも
  試してみたいと思う。そのための資材等を年内に検討、手配する。
  幸い予定している圃場は傾斜地なので滞水の心配は無いと思う。

  課題からまた新しい『楽しみ』が生まれた。
 
 
 
 
 
 
 
 。  
by taka1562t | 2016-10-31 06:20 | かすみ草

本来の寒さ ?

■ 10月29日 昨日の朝、採花に行ったハウスの中。 寒かった。今期初めて
         厚手の上着を着た。カスミソウの茎が冷たく石油ストーブで
         手を暖めながらの仕事になった。
         そんな中でも考えていた程度の本数は採花出来たがやっぱり
         2L品はほとんど出てこない。注文を戴いていた染カスミソウは
         L規格品のみで納品させて戴く事になった。

■ 今朝は冷たく強い風が吹いています。昨夜の雨で濡れた道路が寒さをいっそう
  感じさせます。例年この時期の朝の様子ですが何となく気持ちが沈む、そんな
  朝です。

  昨日の朝、まだ少し花数が足りないと判断した物の採花をします。

  今朝の分は27日夜に注文を戴いた特注品も併せての採花になります。
  昨年の今頃は週2の注文を戴いていたお店だったのですが、今年は何の連絡も無く
  心配していたところ、夏場に体調を崩しお休みしていたとの事。
  体調も回復し仕事にも本格的に復帰できたので『何時ものカスミソウ』を送って
  欲しいとのこと。多少厄介な注文ではあるのだがなんにしても復帰できたことは
  嬉しい知らせでした。
  更に、次回納品分の染カスミソウの中に聞き覚えのある店番号があると想って
  いたら、昨日市場のN氏から電話があり、大切なお客様の店番だった事が
  判り、これも嬉しいことでした。残念ながらご希望の2L品での納品は
  出来ませんが良い仕事をして送りたい。そんな想いです。

■ 何時も細部に渡り厳しく品物の問題点を指摘してくれるお客様の連絡は
  頼りになる援軍が戻ってきてくれたようで嬉しい限りです。

  また、今月末で染カスミソウの定期納品をやめたい旨連絡した市場担当者の
  方からは『もう少し頑張れ』との励ましの言葉を戴き、これも嬉しい限り。
  品種、規格サイズは納品の都度変わってしまう事も了解を戴き、
  『頑張ってみよう』そんな気分になっています。

  なんにしても『仕事』を私に継続させてくれる方々の言葉は嬉しい。
  私たち生産に携わる者としては『仕事を戴いてなんぼ』なのだから。


■ 11月18日 私たちカスミソウ部の反省会が開催されます。部会員は
   もとより、お世話になっている各市場担当者様、普及所 JAの
   参加を戴き、今年の出荷内容の検討、併せて来期に向けての検討を
   行います。終了後懇親会の予定。

   また決定はしていないのですが、各種苗会社に協力を御願いし
   品種検討会も12月に計画したいと思っています。
   洋花部会全体になると他の品目も入ってしまいカスミのみの説明、検討が
   難しくなるのでカスミソウ部だけで開催したいと想っていますが
   これからの協議によります。また各社にはこれからの依頼になります。







 




 。
by taka1562t | 2016-10-29 05:17 | かすみ草
■ 10月28日 一昨日(26日)の溜池の栓閉め作業で今年の山の仕事は一段落
          になった。
          春一番の町道補修、溜池の水量検分、堰堤他施設の点検
          夏の堰堤草刈(約3000㎡) 用水の放流。町道草刈。
          特に放流は宮川ダムの残水量、天候等を考慮し放流量を
          加減しなければ用水の不足、または無駄につながり気を使う。
          この仕事は一般にはあまり知られておらず、今のところ
          私の跡を継いでくれる人もいない。
          宮川土地改良区には今年最後で引退したい旨伝えてはあるが
          果たしてどうなるのか?
          60年前(私が5歳の年)決壊し流域に大きな被害を及ぼした
          過去がある溜池なので少しの変化も見逃すことは出来ず
          次の人に細部まで伝えるには年数のかかる仕事になる。
          改良区職員に伝えて行くしかなくなるのだろうとも思う。

■ カスミソウの出荷は続いていますがさすがに開花が進まず、ついでに
  サイズも L、Mが主体になり本数はこなしてもケース数は多くない。
  草丈はあっても下枝の開花が追いつかず調整時に切り詰めるために2Lサイズは
  ほとんど出てこない。
  そんな中、ひとつの希望は現在採花中の M ハウス2棟目と3棟目から
  比較的大きなサイズが出始めた事。採り始めM、Sから始まり現在は
  L、M主体になり2Lサイズも出始めている。来月中旬まで強い寒さが無ければ
  ある程度の採花量も見込めそうな気がする。電照感応も比較的良いようで
  電照しているハウスの切り出し量が多くなってきている。
  
  最後の定植6月24日。9月上旬採花終了切戻し。(採花同時仕立て)
  このハウスの採花は無理かもしれないと想いながら管理してきたのだが今年の
  気候のお陰か? 採花出来るまでになっている。昨年はこのハウスと同様の
  管理をしたにも関わらず10本ほど切っただけで雪の下にした。
  昨日夕方見回った感じでは今朝は2ケース程度は切り出せそうに思えた。
  そのあとに控えている茎は草丈もあり充分なボリュームのものが切れそう。
  M には他の系統にはない『力』を感じる。この『娘』と出会わせてくれた
  谷さんに感謝です。
  それよりも早い定植分2棟も電照はしていないが頑張っている。次回出荷は
  M が主体になりそう。
  暑い真夏も、今頃の寒さ短日でも管理次第で頑張ってくれるのは有難い。

■ 今年の番外編、8月6日定植のアルタイル、ベールスターが盛りになっている。
  (残苗を植えただけで量は少ない)
  以前なら今頃までに開花することは考えられずほとんどを雪の下にしたパターン。
  これも今年の天候のお陰かと想う。

■ 前の年の気候が参考にならず、定植時期から開花までの日数も前年のデータでは
  あまり参考にならず、手探り状態のカスミソウ栽培になっている。
  そんなことも起因しているのだろうか? 過剰、不足の出荷が繰り返されている。
  今年は9月が過剰、一転10月は極端な不足。したがって価格も極端な状態に
  なっている。何がこんな風にさせたのか? 栽培者自身が各自反省、検討し
  来シーズンの仕事を組み立てる事も必要では無いかと考える。

  暑い夏だったから。雨が多かった(少なかった)から。品種が偏ったから。
  果ては『徒長した苗』が来たから。 様々な話が聞こえてくる。
  本当にそれだけで定植から開花までの日数。出荷量の極端な増減、等々の
  ことを言い尽くせるのだろうかと想う。
  気候はこれからも予測のつかない事象を繰り返すのかも知れない。それでも
  仕事は続いていくのだし、どんな言い訳をしても結果は自分に降りかかって来る。
  自分なりにこれから起きることを予測し、自分なりの管理を考え結果に
  つないでいく事が無ければまた同じような事が起きてしまうような気がする。

■ 今年の一例
  6月6日定植 (アルタイルMD)6月24日ピンチ 3棟
   A 棟  8月1日  切り始め
   B 棟  8月10日 切り始め
   C 棟  8月16日 切り始め 
  これは各棟のピンチ方法の違いにより出て来た結果です。
  したがって同じ日に定植した物でも採花日数は約一月に伸ばせ、集中出荷は
  しないで済みました。MDのチカラか? 各棟共に2L率は高かった。
  草丈も充分にあったので枝サイズ(2S)も多く取れた。
  こんな事も可能だという事を知る事ができた一例です。

 
 
 
 
 
 
 




      
by taka1562t | 2016-10-28 06:13 | かすみ草

次回は半減

■ 10月23日 今日の出荷はエルフ、ダンボール合わせて41ケースになった。
         この時期こんな数量の出荷は経験が無い。替わりに次回は
         半分にも満たない模様。

■ 先日来の好天がもたらした天気のいたずらか? 替わりに今朝のハウスの中は
  白い部分がまだらな状態。 先日の採花の時に僅かに若かったもの、または
  切り残しの枝の採花、整理で今日一日が終った。
  明日は今日採り残した比較的大きいサイズのみの採花で定期分の染加工と
  注文対応分の品揃いが出来るかどうか? 微妙な状態。

  今日の注文分から全てLサイズ(またはMサイズ)のみにして頂く事にした。
  2Lサイズがあれば定期分に充当する。要するに定期納品分最優先の
  仕事になる。(極めて当たり前の事だが)

  不定期ながらほぼ週一で注文を戴いているお店にもその旨を御願いするしか
  無い状況になってきた。淋しい限りだがそれが現実。
 
 
 
 
 
 
 

by taka1562t | 2016-10-23 21:49 | かすみ草

溜まっていたものが

■ 10月22日 低温経過で咲きたくても咲けなかったものが最近の好天続きで一気に
          開花したようだ。前回出荷(20日)と明日の出荷分の採花で
          ハウスの中がスッキリしてしまった。今月末までで採り終えたいと
          想っていたアルタイルの残り分は文字通り『残花』程度になった。

■ アルタイルは2棟が終了。残り3棟もスカスカの状態。あとどの位切れるか?
  染カスミソウの定期分位は何とか指定サイズで量を確保したいと想っているが果たして
  何時まで続けられるか?

  来週からは M が主体になり、11月はスターマイン、ベールスターと
  アルタイルの残り分、4種ほぼ同数程度の構成になり出荷量は20ケースに満たない
  量になりそうな気配。
  『無くなりはしないが増えない』ダラダラ出荷になりそう。
  明日の出荷が今期最後のまとまった出荷になりそう。

■ 明日の出荷分までは様々な注文にも対応可能だったが次回分からはかなり困難になる。
  要するに『採って見なければ判らない』そんな状態で経過しそう。
  したがって定期分の中でも枝サイズ(2S)の納品は難しい。増して追加の受注は
  ほぼ不可能な状態になりそう。
  
  そんな中、若い K君 がひとり頑張っている。今後も彼はある程度の量で
  継続して行きそうな気配。明日の出荷も前回程度の量になりそう。
  しばらくは彼の量に期待したい。

■ ここ数年、変化の激しい気候の中でも上手く対応できた K君の仕事は立派と言って
  いいと想う。以前の事を知らないが故の無理な計画とも想われたが今期に限っては
  それが上手くヒットしたようだ。
  なんにしても若い彼の元気は私にも大きな影響を与えてくれている。

■ 今朝は降霜の予報が出ている。昨日採花処理した分の梱包作業の為、仕事場に
  ストーブを焚いて来た。
  冷蔵庫の音、ストーブの音、それに今年から加わった『エチレン除去装置』の音
  我が家の仕事場は朝から賑やか。
  そんな毎日がしばらくは続きそう。

  
 
 
 
 
 
 
 

  
by taka1562t | 2016-10-22 03:57 | かすみ草

想ったよりも

■ 10月20日 昨日の好天のおかげ、夕方の採花が必要になり作業。
         結果、思っていたよりも多くの出荷が可能になった。
         ダンボール、エルフ合わせて31ケースになった。
         10月になってからの最高の量になった。

■ 今回の出荷で健闘しているのが M で予想の倍の出荷量になった。
  先日から咲き始めたハウスを含め3棟が採花可能になったことが増量に繫がった。
  出荷には無理な短茎、草姿の乱れたものも今回の採花でほぼ整理できた。
  次回採花からは作業も楽になる。
  ちなみに今回採花で出荷できない短茎等約100本くらいは染加工してあり
  パートナーが何かに使うらしい。今日取りに来ると言う。

■ 次回出荷もほぼ同程度の数量が見込めそう。
  ベールスター 2棟 M 1棟 は電照中。
 
  新植分 アルタイルは電照なしでも大丈夫と見て採花中。5棟。
       間もなく2棟は終了する。
  
  スターマイン 圃場が離れているのと機材の不足で電照出来ず自然任せ。
          それでも良く咲いてくれる。この系統の特性か?
          何れにしても良く稼ぐ。大事にしたい系統。 
 
 
 
 
 
 
 
 。
by taka1562t | 2016-10-20 06:11 | かすみ草

フルメンバー

■ 10月19日 寒かったり暖かかったりの繰り返しの中、明日は『我が家の娘たち』
         フルメンバーの出荷になります。
         アルタイル  10ケース
         ベールスター  2ケース
         スターマイン  3ケース
         M 5911  5ケース  何れも見込み、現実は若干の増になるかも。

■ 前回出荷まで10ケース台後半の出荷が続いていたが最後のベールスターの草姿が
  良くなってきて出荷可能になったため4品種そろっての出荷になる。
  そんな事で数量も僅かながらではあるが多めの日が続きそうな気配になってきた。
  但し、また寒い日が続けば一気に減になる。この時期例年のパターンでもあり
  油断は出来ない。

■ 昨日は採花、染め加工。今日は採花休みの予定だったが昨日夕方のハウスの様子では
  休めそうにも無い状況。したがって今日採花。明日は休みに変更する。
  天気の都合で採花ローテイションは変わってくる。それも出荷量の増減の原因になる。
  この時期仕方の無いことでもあり、今年のこの気候だから週3回の出荷が継続出来る
  ことに感謝しなければならないのも事実。替わりに終了ハウスの後片付けが進まない
  事も事実。ついでに冬越し用の薪集めが遅れている。気のもめる毎日。

■ コスモスが開花し始めた。(まだ数本)
  ここ数日で蕾が目立つようになってきた。あと何日で出荷可能な本数になって
  くれるか? 楽しみにして一日何回もハウスに入り蕾の数を数えている毎日。
  いつもは白いカスミを見ているだけの中で赤やピンクのピコティを見るのも
  癒させる。そんな楽しみが変化の無い景色を僅かながら変えてくれる。
 
 
 
 
 
 
 

  
by taka1562t | 2016-10-19 06:03 | かすみ草

採花休み

■ 10月15日 今期初めて採花を休みにします。
         5ヶ月間休み無く続いた朝の仕事。
         月、木、土の3日を採花休みの日にしました。
         染カスミの対応が無ければ別の日を休みにしたかったのですが
         染作業の関係上変則的な仕事になります。

■ 先日からして来たスソの交換は残り2棟で終了。遅れている2番花ハウスに機材を
  セットし今日から電照を始めます。(3棟)
  これも先週初めには開始したかったのですが何となく遅れてしまいどの位の効果が
  あるかどうか? とりあえず結果は考えず実施します。
  発電機を新しくしパワーもアップしたのとハイパワーLEDの効果を試したいことも
  ありムダも覚悟の仕事になります。
  多少なりとも効果が確認できればLEDを増やして行きたいとも考えています。
  LEDを増やす事が出来れば電照出来るハウス棟数は2倍以上になります。
  現在電球も使用しているので3棟だけだが7棟が可能になり対象株数は3倍弱に
  なり、考えている時期の出荷量も増やせる可能性が大きくなるのではと
  思っています。(かなりの経費を覚悟しなければならないが)

  5月、6月上旬の出荷量を増やして行くためには避けて通れない事なのでどうしても
  この時期に試しておかなければならないとも思っています。

■ 昨年までの5年間の出荷量はほぼ同じ数で過ぎてきた。今年は1割以上は増量に
  なりそうだがまだ自分が最終的な目標としている数には届かない。
  更に増量にするためには開花のまとまる春のスタート時の出荷量を伸ばす事で
  その後の仕事に余裕が出来7月の定植作業を円滑に進め、更に2番花の採花率を
  向上させることで目標達成は可能かと想う。
  そんな事を考えながら仕事をしています。
  
  『また夢を見ている。歳を考えろ』そんな声が何処かから聞こえて来そうだが
  これが私の性分、当分は変わりそうも無い。

■ 出荷量を増やす為にもうひとつ必要な事。
  採花、調整した物のムダを無くす事。昨年も今年も6月、7月の金曜日採花分が
  冷蔵庫に入りきらず、梱包時に『これは無理』と判断し廃棄処分してきた量が
  バカにならないほどあったこと。エアコンを使用しても冷蔵庫外では開花が進み
  出荷に耐えられないと判断せざるを得ないものを出してしまった。
  この問題は新しいJAの出荷所が稼動すれば解決できそうなので仕事の段取りを
  多少検討すれば解決出来るものと想っている。

  私自身の『小さな夢』だが状況を改め、毎年のように大きく変動する気候とも
  上手く付き合って頑張って行きたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 。、 
 
by taka1562t | 2016-10-15 05:24 | かすみ草

スソを張り替えました

■ 10月14日 寒くなり開花が進まなくなって来たので昨日からハウスのスソを
         ネットからフィルムに張り替えています。
         ハウス管理が楽なのと気温が高かったのに甘えてついつい晩くなって
         しまっていたのですがこれ以上は無理と判断し始めました。

■ 今期最終定植のベールスターが開花し始めました。
  定植日 8月16日 ノーピンチ仕立て (約250株)
  前倒し出荷が続き、植えるハウスの準備が間に合わずに降雪までに開花しないことを
  覚悟の上で植えた分ですが何とか間に合いそうです。ノーピンチなので当然の事ですが
  とりあえずの採花は芯の1本のみになります。この時期からの開花だと枝もかなり
  切れそうです。今年の天候だから間に合った話で通常なら伸びるだけ伸びて開花に
  至らず倒してしまうはずの仕事だったはずです。
  2番花のベールスター(8月上、中旬採花 採花同時仕立て)も開花し始めています
  ので併せて出荷が可能になりそうです。(今日から採花開始になります)
  全て掻き集めて1ケース位か? と想いますが出荷できることが喜びです。
  
  立茎の全てを採花することは無理にしてもこれから1ヶ月はダラダラと採花が続く
  ことになりそうです。多少の寒さに遭遇しても茎割れの少ないベールスターだから
  可能な仕事になります。果たしてどの位切れるか? 楽しみです。
  このハウスもスソはネットなので今日フィルムに張り替えます。

■ 何時も元気な Mは毎回の採花で頑張っています。最終定植(6月24日)分の
  株も先日株の整理を終え、気の早い株は開花が始っています。(採花同時仕立て)
  もちろん草丈も取れず草姿も良く無く半分は切り捨てになりますが徐々に姿も
  良くなって来ていますので間もなく L、M規格での出荷は可能になり降雪まで
  出荷は続きそうです。

  4月30日定植分 採花中 2L L半々位
  6月12日定植分 採花中 L M半々位
  6月24日定植分 開花始め 

  ※ 5月定植分は切戻し時期が早すぎたものと想われほぼ全て枯死したため
     その跡に『コスモス』を9月2日に播種し、気の早い数本が開花。
     出荷できるのは下旬から来月かなと思っています。(80cmクラスか?)

■ 圃場の集約が様々なところでその効果が現れているシーズンになりました。
  次回の出荷で出荷計画数も達成できそうです。それ以後の出荷分は計画オーバー分に
  なります。それにつれて販売額も・・・・・・・とも想いますが。
  淡々と出荷を続けたいと想っています。
 
 
 
 
 
 
 
 。
  
by taka1562t | 2016-10-14 03:49 | かすみ草

8月定植株開花

■ 10月8日 過去に降雪前に開花せず諦めて雪の下にしてしまっていた8月定植株が
        開花し始めました。但し昨年までとは管理を変えたのと
        今年の気候がなせる業かとも想っている。

        定植 8月8日 ピンチ 8月25日 (アルタイル)
        従来管理分 一部に蕾が膨らんだ株が見える
        急がせ管理分 数株採花 (近日中にほぼ揃って開花?)
         

■ 2番花
  元気な M は1番手開花ピーク 2番手開花始め(Mサイズ品採花)
   3番手は生育中(もう一度株の整理が必要 先駆け開花の短小品切捨て)
  
  スターマイン 出荷用採花開始(明日の出荷で2回目 優品)
         3回目からは秀品になりそう。

  ベールスター 生育中 株の整理は一通り終了。先駆け開花分は本数が
         揃わないのと草姿が悪いので切り捨てしている。
         下旬頃から秀品を出荷できそう。

■ 新植株は一部を除き5棟採花中。この分は10月末までは全て終了しそう。
  (アルタイル)
  但し草丈が足りず L規格が多くなってきた。したがって2L指定の納品は
  限られた量になりそう。例年ならこの時期からは伸びすぎる時期なのだが
  私の管理が悪かったのだろうと想っている。
  定期の納品分は確保できそうだが飛び込みの『2Lで染め加工を』と言う
  注文には対応できるかどうか?採ってみなければ判らない状況。

  2番花の品質がよくなってくる下旬まで頑張ってくれれば良いなと想っている。
  11月の出荷はほぼ全て2番花頼りになり雪に追われ強制終了まで続きそう。
  例年のパターンなのだが今年の楽しみは採花が見込める2番花が例年のほぼ
  2倍の株数があること。
  
  何処まで頑張れるのか先のことは判らないが楽しみではある。
  もしかすると今までに無い出荷量になる可能性が高いか?
  販売額がそれに付いて来てくれればなを嬉しいのだが。
  昨年の11月のような事もありあまり期待しないで淡々と仕事を進めて
  行こうと想っている。

 
 
 
 
 
 
 
 
。  
by taka1562t | 2016-10-08 05:33 | かすみ草