人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2017年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

■ 3月24日 昨日夕方、スターマインの株を見回ったところ花芽分化の兆候が見え始めてきたようだった。手元にメガネも無かったので今日、再度見直すつもり。但し比較的高い葉段数での分化のようにも見えたので今後の最終茎数整理には注意を要する。出来るたけ低い段数で分化した茎を残し、高い段数の物は間引きし最終本数を確保したいと思う。(13段以上の物は全て間引くか他に茎が無く残さなければならない株については2本限定の高節位ピンチで下位のサイズを狙うしかないものも出てくるかもしれない。)

■ ホワイトロードの枝掻きをしました。生育の早いベットはネットの上に枝が伸び、込み合ってきたのと仕事がしやすいこの時期が最適と判断し実行。ついでに遅れているベットの茎数を強制的に減らし残った茎に『チカラ』が集中するであろうことを狙っての仕事ですが、果たして自分の希望に合った結果になってくれるかどうかは、これからの経過を見なければ判らないのが現状です。

■ 試作品種の内3系統に花芽分化の兆し、但し13段から15段での分化。。現在草丈30cm弱。開花時の予想草丈は150cmを越すような勢い。春の促成に使用するのは明らかに無理なように感じる。但し、夏の高温時の栽培には最適かも知れないとも思える。仕上がり段数が多いだけ管理の仕方によっては2Lサイズを採った後の枝サイズ(S 2S)の確保はしやすいかも知れないとも思える。現在株当り本数は8本にしてあるが半分の4本にした場合の枝サイズの品質、花の質等を比較検討してみたいと思っている。主茎数が少ない方が枝サイズの草姿が良くなることは容易に想像がつくのだが、花一輪毎の品質はどうなるか? これは仕上がってみなければ判らない。様々な事を試しながら注意深く見て行きたいと思う。未だ花芽分化に至っていない系統はこれからどの位の段数で何時頃分化してくれるのか楽しみでもあり、今回の自分の試作目的から益々離れて行く様で淋しさもある。

■ 近年の種苗メーカーさんが提案する系統は総じて『夏場に2Lサイズが採りやすいもの』に偏向しているように見える。果たして以前主流だった系統の反省が生かされているのかどうか?疑問に思う。それは『何時 何処で 誰が どの様な管理をしてもほぼ仕上がりに差の無い 〇〇〇コがあった』おまけに大きいサイズが採りやすかったため、使う方の希望とは合わないサイズの集中出荷を繰り返し、出荷量の波を大きくし、価格を乱高下させた。生産者が『楽な栽培』をすることを可能にしてくれた功績は大きかったかもしれないが『サイズ偏重栽培』に陥り、花品質、使いやすさ等々は見過ごされてしまっていなかったか? 今一度考えてみたいものだと思う。品種、系統にはそれぞれの特徴、個性があって採花、出荷時期により最適と思われるものを産地が主体的に見つけていくことも必要だと考える。それは産地の場所、栽培する人の管理、または使う人の希望とのマッチング、等々様々な要因で選択されるべきであり単一系統(酷似系統)で賄いきれる物ではないように思う。価格狙いの選択、栽培をしたい気持ちも理解できないではないが相手方『使う人の希望』とのマッチングをより重視してみる事も必要ではないかと思うのは私の『偏見』か?








,

by taka1562t | 2017-03-24 04:58 | かすみ草

雨の朝

■ 3月19日 連日の雨の朝。雨が降らなければ風が吹く。雪は無くなってきたのだが仕事が進まない。春のスタートからイマイチ調子が出ない。一朝に2~3棟被覆していたハウスも1棟がやっとの状態。昨日は風が強く一棟も出来なかった。雨も降っていないのに風が強くフィルムを広げるのが躊躇われ中止。果たして今日は? 雨の朝になっています。晴れる事を祈るのみ。


■ ホワイトロードは現在15~16段葉が展開中。今月末と見ていた抱蕾は無理? 1週間くらい遅れそうな感じがする。それに連れて発蕾も4月中旬か? そんな風に見える。これからの天気次第で多少の変化はあるかも知れないが昨年よりは遅れそうな気がする。昨年の秋から気になっていた事なのだが『夕方の気温低下が早い』ような気がする。したがってハウスを閉める時間を早めにしているのだが日没時のハウス内気温が確保できない。昨年より2~3度低いような気がする。細かにデータを残してあるわけではないので感覚の世界の話ではあるがそんな気がする。(昨年のお彼岸には18℃を確保できていたが昨日は14℃だった)3月21日が自分の誕生日でもあり、この時期の状態で毎年の生育状況を比較している為比較的この時期の記憶は精度が高い。これからの展開が楽しみでもあり多少心配でもある。
by taka1562t | 2017-03-19 06:37 | かすみ草

スターマイン芽整理

■ 3月16日 スターマインの芽整理終了。とは言っても最終整理が終了したわけではなく、この後花芽分化後に今一度整 理する事になる。花芽分化時の葉段数を確認後の整理が本当の本数整理になる。従って現在の立ち本数は7~8本程度。採花茎数は5~6本程度。株によっては4本もありえる。要するに最終仕上がり段数を確認しながらの整理が必要にる。これが出来るのは4月上旬かと思う。この頃には採花開始の時期もほぼ判断出来る様になる。   

■ 自家用のアスパラガスの播種をしました。とりあえず128Hプラグトレイに播種。時期を見てジフィーポットに移植。 その後畑に定植する。昨年も植えてあるのでしばらくは自家用分はあるはずなのだが桑の木があった場所なので数年の内に株枯 れが出る恐れがあるため今年は別の場所に植える予定にしている。



■ 昨日、嬉しい話が舞い込んだ。かつてお世話になった方から『我が家のお嫁さんが勤めを止め就農する』との事。そして 選んだ作物が『カスミソウ』との話。実際に栽培している人の『話を聴きたい』との事。当方の近日中の予定を伝え歓迎する 事にした。現在営農している姑様御夫婦はトルコギキョウの栽培を中心にストック等?を栽培されているはず。楽しみが また増えたような気がする。(何時もの勝手な独り善がりか?) 






 
         
by taka1562t | 2017-03-16 22:36 | かすみ草

ユーカリ 発芽

■ 3月10日 ユーカリ(ポリアンセモス)が発芽してきた。床温が低めだったせいか一斉発芽と言うわけにはいかなかったが可愛い芽がポツポツと見え始めました。先行していたハマナデシコは間引き終了。マトリカリアはようやく発芽始め。昨年秋にハウスの通路に出ていた苗を移植したマトリカリアは芽整理とピンチを終えた。ついでに整理した芽を苗にすべくプラグトレイに刺し込みこれも終了。       


■ 生育が不揃いで遅れていたベットがあったホワイトロードもようやく『育ち』が見えて来た感じがする。先日ネットを張った。早いベットはもうネットを越している。花芽分化は10段~11段で開始している。本来10段以下で花芽分化して欲しかったのだがそうはならなかった。ギリギリの所で『セーフ』と見るべきかと思う。育ちが見えなかったスターマインもようやく元気になってきた。株が随分と賑やかになってきた。果たしてどの段数で何時頃花芽分化してくれるのか? 楽しみ。 


■ 今朝で三夜続きの雪が降り、消したはずのハウスが一面にまた雪の下になった。どうせすぐに消えるだろうと思い屋根の被覆は明日からにすることにした。昨年から見れば10日遅れの雪下越冬株の管理にはなるが考えてみればこれが普通のパターンでもあり、これからの管理次第で昨年から見てもそんなに遅れず仕事は進められるかとも思う。これからの品種はアルタイルになるので天気が気になるところ。低温期の管理になるので保温をしっかりとしなければならず、そのための準備も早急にやりたいと思っている。とりあえず資材は揃っているので設置するだけなのだが予定していたハウスが未だ雪の下なので別のハウスを使うため多少余分な手間は掛かりそう。時間はあるので何とかなるだろうと思っている。  
by taka1562t | 2017-03-10 05:13 | かすみ草

雪消し続行中

■ 3月5日 先日から開始した雪消し(雪割り)を続けています。面積の半分ほど土が見えてきたハウス。未だ一面に雪が残っているハウス。場所により進捗状況は様々だが確実に土の見える範囲は広くなっている。こうなると加速度的に雪は消えてくる。近日中にハウスの被覆を開始したいと思っている。    


■ ハウス内越冬株のホワイトロードの生育のバラツキの原因を探るべくベットにテスターを刺して見た。PHは6~6.5で特に大きな問題は無いと見た。ついでに土壌水分を見ると生育不良場所は100の値を振り切ってしまう。逆に生育の進んだ場所では、85~95の値を示している。故に仮説として『土壌水分の過剰』が原因かと考えてみた。今日は地温に差が無いかどうか?ECに差が無いかどうか? 比較検討してみるつもり。(今まで地温は中央のベット一箇所でしか見ていなかった)どんな結果が出るか? 楽しみでもある。         

■ ハウス内越冬のスターマインもようやく動き出した感じがする。毎日のように株毎に見回り葉段数が進み過ぎている冬芽を引き抜き春芽優先の間引きをしている。(冬芽は葉段数10段を超え、草丈5~7cm位)開花時の茎の異常伸長を防ぐ為には欠かせない仕事。冬芽が強く、春芽が出ない株は非常手段として冬芽をピンチしわき芽を出しそれを採花茎に使うための処理を併せてしている。株の中でも強く太い冬芽を引き抜くのはさすがに抵抗が無いわけではないが肝心な仕事として思い切って抜いている。例年この時期悩みながらの仕事は花芽分化後の最終茎数決定まで続いていく。







,
 
by taka1562t | 2017-03-05 05:19 | かすみ草

ハマナデシコ発芽

■ 3月1日 ハマナデシコが発芽して来ました。自家採取の種だったので発芽不良の心配から多めに播種したお陰で数本づつ芽を出しています。後の間引きが大変になりそうです。

■ 雪下越冬ハウスの雪割を始めました。未だに50cm位の雪があり『除雪』ではなくパイプの側とハウス内の通路部分の雪を割り、溝状にして融雪を促すしか手がなく昨日、今日と二日掛りの仕事になります。雪が無くなるまでにはまだしばらく掛かりそうですが融雪を待ちながらパイプハウスの一部切り詰め(1.5m短くする)の作業になります。これは耕運、ハウス内の排水対策上以前からしたいと思いながら出来なかったことですが今年こそは実行と意気込んでいます。


■ 昨日夕方日没時のハウス内(ベット)の地温が20度に達しました。(午後3時で23℃)いよいよ生育が進んでくれる事が期待できる環境になってきたようです。このあとの天気次第で上下はするのですが2月程になることは無いのかと思っています。
毎朝ハウスに行くのが楽しみな時期になってきました。






.
               、
by taka1562t | 2017-03-01 03:05 | かすみ草