人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

山の仕事

■ 7月31日 カスミソウの出荷が少なくなったタイミングで山の仕事を終えるべく
        5時発で山に行ってきます。但し仕事は9時まで。その後帰宅して
        出荷作業。
        今日と明日で終りたいと想っている。

■ 今朝の出荷量はついに8ケースまで少なくなった。他の人が追いついてくれたから
  良かったものの、つながらなかったらどうなっていたか? 綱渡りの心境。







、 
by taka1562t | 2017-07-31 04:23 | かすみ草

新植株の開花一段絡

■ 7月29日 今朝の出荷所持込で新植株(5月24日定植分まで)の採花が
        一段落になった。あすの出荷はエルフ、ダンボール合計25ケース
        になりました。明日の朝の採花はその半分位になりそう。
        やっと一息つけそう。 そんな感じです。

■ 我が家の出荷量が少なくなるのに合わせたかのように部会員ほぼ全員の新植株の
  出荷が開始された模様。我が家の出荷が少なくなっても部会の出荷量はこれから
  増になりそう。一安心。そんな気分。
  我が家は旧盆過ぎまで絶えず、増えずでダラダラとした得意のペースで出荷が
  続く見込み。その間の出荷品種は試作種(3系統)が主体になりそう。
  主力のアルタイルはその後、8月下旬からの予定。

■ 試作種のうち小輪系の2系統(4月29日定植分 各10株)が開花。
  採花後の日持ちを23日採花で見てきた。今日現在萎み、老け花は見られない。
  小輪花特有の花痛みの速さは無いかも知れないと思える。これから開花する出荷向け
  定植分の開花が楽しみになって来ている。

■ 今日嬉しかったこと。
  試作させて頂いている系統のうち1系統に私が望んでいたような花が咲いてくれた。
  輪形が大きさ、重ね共に優れ花弁の白さも申し分なく、輪縁の揃いも良い。
  但し、欠点がひとつ。それは主茎の線が細い事。(ピンチ後の出芽数が多いままに
   立ち上げた事が起因しているかも知れない)
  これは栽培時の仕立て本数の調整で解決出来そうな感じもする。(2番花の立上げで
   調整、確認してみたいと想っている。) また楽しみが増えた。
  




。 
 
by taka1562t | 2017-07-28 22:27 | かすみ草

残念

■ 7月20日 本来なら今日はFP市場様のお世話になって開催される
        『よつばフェア』に参加しているはずだった。
        残念ながら事情があり参加できなくなった。 残念です。

■ 16日22時30分過ぎ『ノリミツさんが倒れたって』その声に起こされ
  病院に急行。従弟の大事に接した。17日ほぼ同時刻、病院に付き添っていた
  息子からの連絡。急変との事。

  今日までの時間が怒涛のように過ぎ、従弟を次の世に見送り、お世話になった
  方々への御礼。他様々な事を戸惑いながらし終え帰宅。
  夢の中で何かが起きているようで今だ実感が無い。
  勤めて冷静を気取ってきたつもりだったが間の抜けた事、不手際だった事が
  多くあった事が悔やまれる。

■ この春定年を迎え退職。その後嘱託として同じ職場でお世話になっていたが
  多少時間の余裕が出来たと見え10日程前私のハウスまで来てカスミソウを
  持ち帰ったばかりだった。

  『カスミソウって良いよなァ、もって行くとみんな喜んでくれるんだよ』
  そう言って出荷の残りを嬉しそうに持ち帰った。
  嫁さんからは『そのカスミソウは家には届かなかったョ。またどこかに
   持って行ったと思う』との話。

  勤め先のイベント、お客様、お世話になった方々へのプレゼント。様々な
  ことに私のカスミソウを使ってくれていた。
  私の仕事を静かに支えていてくれた彼の想いに有難いと想いながらも感謝の
  言葉を口にしたことは無かったが、今二度とあの顔を見れなくなった現実を
  想うと彼に返すべき言葉も浮かばない。 残念です。

  私の跡を継いで親族の諸々を裁いてくれるのは彼しか居ないと想って来て
  私の知る限り、私のやってきたことの思いの全てを託そうとした矢先の
  急逝はあまりにも大きな出来ごとあり、全てが狂ってしまった現実に
  今後の事が何も浮かんでこない空しさは例えようも無い。
  ただ冥福を祈るのみ。 残念です。
  
 








by taka1562t | 2017-07-20 22:57 | かすみ草

2回目の定植株開花

■ 7月13日 冬越し株の採花が終わり、4月29日定植の スターマイン、M、の
        採花も中盤になり、5月10日定植(2回目)の Mも開花始め。
        仕上がりはまずまずの状況。毎日の採花量は15ケース内外。
        我が家にしては適量の採花。

■ 終了した冬越し株の片付けもほぼ順調な進み具合。明日から7月定植分の
  作業になる。この後定植準備の仕事も4棟を残すのみになった。16日には
  終了の予定。後は定植、管理の仕事に並行して採花、出荷の仕事になる。

  今年の試み。
  M の採花前に思い切って下枝を掻き揚げ、採花時に株元から切り、採花後
  ほとんど切り戻しの必要が無い2番花の仕立てに挑戦中。まったく経験の無い
  仕立て方で結果はどうなるのか? 不明。
  但し、これも昨年孫が手伝ってくれた『切戻し、片付け』をすることが
  出来ないかも知れないとの危機感から考えた事であり、同時に Mの萌芽力の
  強さを信じて実行したこと。これにより枝サイズの採花は不能となるが、上手く
  行けば他の品種、系統でも実施してみたいと思っている。
 
  この仕立てを決断させたのはもうひとつ原因があります。市場から要望が多い
  2Sサイズを採花するためにいくつかの手法で管理してきた昨年までと異なり
  今期の2Sサイズの価格は自分にとって納得の行くものではなく、
  『やる価値無し』と判断した為。昨年までは定期注文分はどんな事をしても
  納品したいと思ってやってきたが、今期は明らかに採算割れ。一番の原因は
  出荷量の極端な増減にあることは明白なのだが人件費も出ない出荷は続ける
  気にはなれず不本意ながらこの手法に行き着いた次第。(今後状況により再考)












  
   
by taka1562t | 2017-07-13 22:51 | かすみ草

人災 (政策災害)

■ 7月9日 九州北部の災害に際して被災された方々に思いを寄せなければならないと
       思いながら、この災害の遠因はどこにあったかを考える。

       一番の原因は予想を超える雨の降り方であり、その量、時間であったかも
       知れ無い。しかしそれだけだったのか? と思わずには居られない。

■ 崩壊した山の状況。 流された樹種。樹齢。映像だけの情報で判断するには多くの
  無理があることを承知の上であえて想像を巡らしてみる。

  流れた木は主に『スギ』に見える。その樹齢は50年前後と見える。その上、幹と
  根のバランスが悪く見える。要するに幹の径に比して根の太さが細く見える。

■ 資産が負債に変わった日。

  50年ほど前。
  丁度私がスギの植林を始めた頃。今回見える流木の樹齢にほぼ一致している。
  『林は家の宝』 造林蓄積量は国の宝と言われ、僅かな土地にも植林を続け、親の
  時代に遭った火災でほとんど無くなってしまった『杉林』を以前の約3倍にした。
  『孫の代に役に立つ』そんな話を楽しみに手入れを続けてきた。
  そんな話が現実だったのは昭和50年代後半まで。 それまで資産と思ってきた
  スギ林がとたんに負債に変貌した。

  私が杉を売った最後が59年だったと思う。その時の売値は立ち木で
  『石 7.000円』だった。父が病気で倒れた2年後に売ろうとした時言われたのは
  2.000円との事だった。道路近くで場所的には良かったのだがそんなことは如何でも
  良く、要するに『要らない』との事だった。自由化された『外材』が安く入荷し
  手の掛かる地元材は要らないとの事だった。

  あれから30余年。今では『ジイチャンの生きている内に何とか処分してよ』と
  折々に言われている。
  自分が夢見ていた財産は今では完全に『負債』に替わっている。

  〇 〇 ラウンドとかで私の夢を負債に変えたのはどなた様が大臣の時だった?
  かと思う。目先の経済最優先で決ったと記憶しているあの時から山の荒廃は
  始っていたのではないかと思うのは私だけだろうか?
  そしてその積み重ねが今回、あるいは近年の災害の遠因になっては居ない
  だろうか?と考えてしまう。

  今、また次代の人がそれ以上の危険を犯しかねない状況ではないかとも思える。
  更に、周辺諸国、世界は過去の教訓を忘れたかのような危険を『我欲』に従って
  犯そうとしている。

  日々穏やかに、静かに、共に楽しく、また親しく、そんな世界を望むのもまた
  『夢の世』かとも思う。





。  


  
  

 

by taka1562t | 2017-07-09 23:09 | 日々の記録
■ 7月7日 先日一輪の開花を見た4月29日定植のスターマインが20本ほど
       切り前開花になっていた。季咲きの M5911の採花は今朝で終了。
       明日は残花整理になりそう。
        
       何とか頑張って欲しいと願いながら管理した甲斐があったと言う事かと
       思う。『つながった』そんな嬉しさと『出荷休み』を回避できたと言う
       喜びに浸りながら夕方のハウス内を巡廻した。

■ 先月末から怒涛のように過ぎた一週間だった。3棟がほぼ同時の開花になり
  全部の採花は無理と判断し、採花が半分位のアルタイルを諦め M 2棟を
  ほぼ無駄なく採花。
  今日、病院から帰宅後アルタイルのハウスを片付け。夕方までに終了。残渣は
  軽トラック一台満載。 これを出荷していたら・・・・。つい未練たらしい思い
  が頭を過ぎる。そんな中でも自分が夢を賭けている Mを残すことなく出荷できた
  事が何よりの喜び。 出荷できる花が激減した明日から2日間で後片付けを終了し  
  最終定植に向け6棟の定植前準備にかかる。

■ スターマインと同じ日に定植した M5911のハウスも今日午後開花始め。
  願いどおり、FP市場のお世話になって開催するフェアには充分間に合いそう。
  昨年までの選抜作業の甲斐が有ったか? 『F』の草姿は落ち着いていて良い
  具合に仕上がりそう。『一輪』の大きさも申し分なく、花弁の重ねも充分な
  仕上がりに見える。。揃った開花が楽しみ。







 
        
by taka1562t | 2017-07-07 23:00 | かすみ草

冬越し株、最終版に

■ 7月4日 冬越し株の最終、M5911の採花も残り少なくなり9日の積み出しでほぼ
       終了になりそう。新植のスターマイン、M5911の開花が間近になってい   
       るとは言え、継続が微妙な状勢。例年の事ながら心配な日々が続く。

■ 本来の予定でMは15日頃で採花を終了予定だったのが先日来の雨、それに続く
  『蒸れ』で一気に開花に進んでしまった。もっとも元々個体差があり開花時期も
  それなりにバラバラだった系統を選抜し、特性の幅を狭くした結果の事であり
  当然の結果と言ってしまえばそれまでなのだが、あまりにも開花時期が揃ってしまい
  採花作業には集中的に時間を費やされた。今年は更に絞り込んでの試作となって
  いるので、新植分の開花には注目し、毎日2回は全てのハウスを見回っているが、
  果たしてどんな開花状況になるか。楽しみでもあり怖い感じもする。

■ 昨日、今日と見回った感じでは新植分スターマインは来週半ばから、M5911は
  来週後半からの開花になりそう。F,P市場のお世話になって開催される
  『会津よつばフェア』には間に合いそうに思う。そのほかの少量試作品種の
  開花も間に合うように急がせたり、抑えたりの管理に勤めフェアの時期に
  合わせる事が出来るよう頑張ってみたいと思っている。
  本来、早晩性の異なる品種を同じ日に定植し同様の時期に開花させるのは
  極めて無茶な事なのだがそれに挑戦するのもまた楽しみの一つ。
  お預かりしているメーカーさんから許しを戴ける範囲で展示できたらと
  思っている。











by taka1562t | 2017-07-04 23:09 | かすみ草