人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2017年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

本体部建て替え終了

■ 12月24日 先日からしていたハウスの建て替えが本体部分だけは今日終了した。
         但し、褄部分の資材の寸法が合わなくなり発注してある材料が入荷する
         までしばらく作業は見合わせにするしかなくなった。
         会津までは入荷しているのだが先日の大雪で納品を遅らせて戴いていた
         事によるもの。
         雪の按配を見て可能ならば配送してもらうつもり。
         作業の再開はそれ以降になる。

■ 作業をしながら想う。
  今年も残り1週間になり、春先に考えた事のどの位まで出来たのか?
  また何が出来なかったのか? 独り考えている。

  そんな事の延長に来春からの仕事をどうするか? どの様な全体計画をどんな風に
  刻み、実行できるようにするための方策も考える。 特に昼飯を食い、ストーブに
  足を向け横になり、うたた寝をしながら『夢』半分の意識の中で自分勝手な
  『想い』だけが果てしなく膨らんで行く。
  
  体力が確実に低下し、根気も無くなって来ている。そんな事で仕事もすぐに飽きる。
  細部に気を配る事も疎かになっている。結果、思いも寄らない問題を引き起こし
  余計な仕事が増える。更に効率の悪い仕事に振り回される。
  助けてもらっている人達の仕事は確実に増えて行く事になりそう。

■ そんな自分を省みることなく来期の仕事を減らすつもりはまったく無い。
  出来るなら今期の植え付け量にいくら増やせるか? またそのために何が必要か?        
  自分で出来る事。他人に任せる事の仕分けも考えている。
  自分の想いと市場サイドから求められている事柄の両面から仕事を組み立てるために
  何処をどの様に替えて行けば良いか? 考え始めると切りが無くなって来る。

  雪との格闘の中でゆっくりと練り上げて行こうと想う。








、 
by taka1562t | 2017-12-24 21:41 | かすみ草

冬至 (明るい一日)

■ 12月22日 カスミソウの花も無くなり、先日降った雪も沈んで20cm位。
         昨日から晴れの日が続きそうなのでハウスの建て替えをはじめ  
         ました。(Rパイプを19mmから22mmにするため)

■ パイプを太くするのに併せ肩高も20cmほど高くして二重被覆をしたとき
  内張りが高めに出来るように改善しました。
 
  陽の照る時間が短く、冷たいパイプを触るのには朝早くからと言うわけにも行かず
  作業の出来る時間は限られます。日の長い時期なら1日で終る仕事が2日を要しても
  終らず、明日午前中は掛かりそう。幸い明日も雪にはならない様なのであせらず
  のんびりとやって行こうと想っています。

■ カスミソウは相変わらず高値で推移しているとの話。要因は出荷量の不足傾向との
  事。原因は天候? 作付け量の減少? 栽培者の意図的な植え付け時期の操作?
  産地で何が起きているのか? また何をしたのか?
  私には判るはずも無く、ただ聞こえてくる話から想像する事くらいしか出来ない
  のだがいずれにしても必要な時期の不足、高値はカスミソウを『使い難い花』
  にしているのではないかと心配になる。
  季節毎の産地の責任は大きいと言われても仕方が無いように想う。

  かつて『カスミソウサイクル』と言った方があった。
  必要な時期に量は少なく、高値。(暴騰) あれば良い位の時期に大量出荷
  安値。(底値) 需要量と入荷量のかみ合いがこんなに悪い品目は無い。
  出荷してくる産地は何を考えて仕事をしているのか? 気が知れない。
  そんな風に彼は私に言った。
  かつて私達の出荷が6月と10月がメインの産地だった頃の話だが
  今でも耳から離れる事は無い。
  今期、9月以降の出荷を見たとき彼はおそらく同じ事を言ったのではないかと
  思い返している。











、 
by taka1562t | 2017-12-22 22:04 | かすみ草

最終出荷

■ 12月16日 今日で通常の出荷は最終になります。次回出荷は以前からの
         注文品のみの出荷になります。
         次回出荷で注文品を含め今期の出荷は全て終了になります。
         7ヶ月間のご愛顧に感謝します。

■ 出荷終了と同時に今期の個人実績検討、併せて来期の作付け計画の検討に
  入ります。
  
  来期のスタート(5月中旬から)は例年通りホワイトロードからになり、
  続いてアルタイル(5月下旬から)この分はすでに10月に定植してあり
  生育は例年よりやや遅れ気味になっています。(現在ロゼット状態)
  但し開花の早晩は2月下旬からの管理によって決るので出荷のスタートは
  今期程度の時期からになるものと思っています。(ハウス内越冬分)

  雪下越冬分については融雪時期と春の天候次第ですが6月始めからの
  出荷が出来れば良いなと思っています。
  (二重被覆、電照で管理して咲かせるアルタイル、ベールスター)

■ これからの2ヶ月間は花の無いハウスを雪から守るのが仕事になります。
  この冬は雪が多い? との予報もあるようなのでそれなりの覚悟をしての
  仕事になりますが、負けないように頑張って行こうと思っています。

■ 我が家の出荷は終了しますが部会の中にはこれからも出荷を継続したい
  会員もいるようなので頑張って欲しいと想っています。














   
  
by taka1562t | 2017-12-16 07:18 | かすみ草

大雪 強制終了

■ 12月14日 12日夜中からの雪で朝までに約30cm超え。
         お昼までには50cmに達した。
         朝4時過ぎから家の周りを除雪。6時過ぎからハウス周りを除雪。
         午前中除雪だけで終わってしまった。
         

■ 最後まで採花していた一棟が屋根を張ったままになっていたので午後から
  ハウス内の片付け、(サイドロープ、ネットの撤去)
  被覆押さえのバンドを切り、褄部を止めてあるスプリングを外し屋根に
  残っている雪を降ろしながらハウスの内側から被覆フィルムを持ち上げ棟木を
  越して反対側に落とす。外したフィルムはまとめて撤去することは出来ず
  このまま春まで雪の下にしておく。(来春に使える状態ならば儲けもの)
  屋根が外された後に残った茎は雪の下。強制終了です。

■ 昨日(13日)は今期初めて出荷休み。雪対策で採り込んで開花させていた
  物の調整もできず出荷を休んだ。あと3回で7ヶ月継続出荷が満了だったが
  休まざるを得ず残念。来期また新たに挑戦するつもり。

■ 今朝(14日朝)は昨夜降った雪が2cm位か? (積雪50cm超え) 
  外は仕事が出来る状態では無いので、乱雑になっている冬越しハウスの中の
  整理をする。
  終り次第遅れている現金出納帳の整理。何とか今日中に終らせたいと想う。

  今期も予想通り雪に追われての終了になった。












,

 
by taka1562t | 2017-12-14 05:03 | かすみ草

予定の作業実行できず

■ 12月8日 今週中に終らせる予定だった作業が従兄の葬儀で全て実行出来ず
        今日から再開する事になった、葬儀の間は予想外に天候も良かったが
        今日からは雪、低温の予報。作業(出荷終了に向けて)はどの位の
        時間を要するか? 天候次第。

■ 昨日までの葬儀の間も細々とではあるが出荷は継続していた。最も気温も低く
  採花出来る本数も少なくまとまった出荷は出来るはずも無かったのが現実。
  今日から仕切りなおしで作業を進めることになる。

  咲き始めてはいるが採花には早いものを集め屋内で開花させるために取り込む。
  残りの茎は採花を諦め強制終了になる。残茎の片付け、ネット外しを終えた方から
  ハウスの屋根を外し、雪に備える。この作業は採花中のスターマイン3棟で
  やらなければならない。雨が降らないことだけを願っている。

■ 来週11日はカスミソウの品種説明会。(スミカ、カネコの2社)
  カスミソウ部会の説明会が午後から開催されるとの事で午前中に時間を調整して
  戴いての開催になる。今回は会津地区(主に北会津地区)との合同開催になります。
  川を挟んだだけで地区名は異なるがほとんど同じような条件で栽培されている
  会津地区の皆さんとの合同開催はお互いのこれからの仕事にとって良いことかと
  想っている。開催を調整してくれた各支店の担当者に感謝したい。
  近隣で栽培して来たにも関わらずほとんど交流も無かった部会同士が
  このような事業の積み重ねで将来交流が生まれ次の時代を担うであろう人達の
  役に立ってくれればと想っている。

■ 先日、今年の試作品種について報告を求められ報告書を送った。
  今年の試作約10系統のうち主に3系統について報告。
  結果は細部まで観察できたもの、毎日の仕事に追われ昨型別に細かく観察
  出来なかったもの、または私の管理が悪かったか? 想うような仕上がりに
  ならなかったものもあったがそれなりに報告した。
  今回の報告には入っていないが2系統に魅力を感じるものがあった。
  
  A 従来品種の改良版か? 芽立ちも多く、草姿、茎の太さ、花形共に
    優れた系統。また草丈も充分に確保でき枝の採花も期待できそう。
    やや中晩生のように見えるが11月には2番花も開花している。
     (7月下旬開花の切戻し株)
  B 従来品種とは異なった特徴を持つ系統。晩生? 茎の太さ、草丈
    草姿、共に良好。下枝の伸びに優れ茎もしっかりしていて良質のSサイズ
    が期待できそう。但し8月までに開花させた分は主茎の葉が開花時期に
    枯れ上がり当然出荷に使える状態ではなかった。9月開花分はその問題も
    無くなり、主茎、枝共に良質の物に仕上がった。更に2番花も11月中旬
    から開花し花の『白』が際立っていた。(7月下旬開花の切戻し)
    この系統に合った昨型、管理法を見つければ充分に期待できる品種かと
    想われる。
    A、B共に試作を継続したいと想う。








、   
 
 
by taka1562t | 2017-12-08 06:11 | かすみ草

太陽の恩恵

■ 12月3日 太陽の恩恵か? 昨日夕方には無理かと想われたスターマインの採花が
        出来た。わずかな本数の切り上げだったが嬉しかった。
        この時期としては永かった低日照、低温の影響か? 花粒に本来の
        『チカラ』が感じられ無い。むしろ若切りして屋内で加温し
        開花させた物の方が花がしっかりしているような感じがする。
        今後も(来年も) 若切り仮調整 ⇒ 開花室管理 ⇒ 再調整出荷
        こんな作業の流れも必要になってくるのかも知れないとも想う。
        昨年のような気候であれば考える必要も無かったが一昨年、今年の
        ような天候が再来する事があれば考えなくてはならないかと想う。

■ 明日まで太陽が顔を見せてくれるような予報。建て替えを考えていたハウスの
  解体と同時進行で建て込みをしたいと想っている。現在19mmのパイプなので
  アーチパイプを22mmに交換し、間口3.6mを3.9mまで広げ内張りをしても
  作業がしやすくなるように改善したいとの考えから。そのために中古のパイプを
  それに合うように先日加工しておいた。根雪になる前にトンネル部分だけでも
  終れれば良いなと想っているが果たしてどこまで出来るか?これが出来れば
  1.000株のハウス内冬越しが可能になる。思い通りになれば来年5月の出荷は
  今年の約2倍になる可能性が出てくる。
  (今年は冬越しに使用した品種の関係でW,Rの次の出荷が月末になって
   しまったため5月中の出荷は例年を若干上回る程度しか出来なかった)

■ 今年の出荷も終らず、当然後片付けも終らないうちに来年の夢を見ている。
  カスミソウとの付き合いは毎年何かしらの課題が見つかり飽きる事が無い。
  これから冬の間ゆっくりと来年の段取りを考えたいと想う。
  今年の段取りミスを教訓にして。







、 
by taka1562t | 2017-12-03 23:47 | かすみ草